新しい留学カウンセラーの紹介です☆★

はじめまして!

4月から留学カウンセラーになります河野(カワノ)です!

 

今回は私の留学経験を少しお話させてもらいます。

 

初めて留学したのは高校1年生の夏休みに約1ヶ月のアメリカ留学でした。

そこで私はメキシコ人のルームメイトと一緒に過ごしたのですが、トラブルだらけの毎日でした。

 

部屋の片づけをしない、小旅行に出かけたら時間通り行動しない、貸したものが返ってこない等々・・・・

でもそのトラブルのおかげで、

自分の意見、気持ちを伝えなければ文化の違う相手には分かってもらえない、

ということに気付くことができました。

 

その後大学に入学して半年間の交換留学でまたアメリカに行きました。

行った大学は南イリノイ大学という大学で、校内に湖がある自然豊かな大学でした。

 

私はCESLという大学付属の語学学校に通うことになり、クラスメートは8割がサウジアラビア人でした。

授業は毎日宿題が出るものの、やっている内容は中学~高校レベルの英語なので授業が難しいと感じることはなかったです。

唯一苦手だったのは授業中の発言でした。

 

なぜかというと、サウジアラビア人はとにかく学びに貪欲なので発言力が凄まじいのです。なので、その熱気に押されて発言するのが億劫になってしまうことが多かったです。

さらに最初の頃はサウジアラビア人の話す英語の訛りが強すぎて聞き取ることさえ難しかったのでさらに授業への意欲が下がっていました。

しかし、1ヶ月くらいするとその環境にも慣れてきてしっかり授業に参加することができるようになりました。

その時ある先生に、学生は学んでいる身なんだから間違いがあって当然なんだよ!その間違いを正すために私達がいるのと言ってもらったおかげで、

授業の受け方が変わったし、何より安心しました。

 

実際、半年間って本当に短いです。

したい事、しなきゃいけない事を考えると毎日が大忙しでした。

 

授業には出席しなきゃいけないけど旅行にも行きたいし、

ショッピングにも行きたいし・・・

一応学期ごとにお休みがあるのでその時に、フロリダのディズニーとNYのマンハッタン島に旅行することはできましたがまだまだ行き足りない・・・

と今でも思っています。

 

半年間で友達になった皆とは今でもSNSで繋がっていて、3月の大学卒業の際も祝ってもらいました!

留学って不安やトラブルも多いけれど、それ以上に得るものがあると思います。

 

だから今、行きたいけれど悩んでいる、話だけでも聞いてみたい!と思ってもらえるカウンセラーを目指したいと思います。

 

これからよろしくお願いします!

前へ

Future Biology, Science or Medical Majors

次へ

Coming to the End