グローバル人材に必要な条件とは?世界で活躍している人ってどういう人?

みなさん、こんばんは、ヒューマン国際大学機構の坂口です。

1

今日は、題名でもありましたが

『グローバル人材に必要な条件とは?世界で活躍している人ってどういう人?』

というお題について話をしたいと思います。

みなさんが思う、国際人グローバル人材とはどんな人ですか?

そして、将来的に海外で働きたい、世界で活躍したいと思っている人はどれだけいらっしゃいますか?

多くの高校生大学生社会人の方から

グローバル人材になりたい!将来海外で働きたいと思っています!夢は海外に住むことです!などとお話を伺います。


実に素晴らしい夢ですし、ぜひその目標を達成してもらいたいです。


もっと日本の若い人達がどんどん海外へ進出して、日本では得られないもの、様々な文化、多種の言語、学問を学び、活躍してもらわないといけないと思います。


しかし、みなさんが思っている目標は想像以上に難しいことです。


単純に、半年留学や1年間語学留学をするだけでは、全く足りません。

海外で働くに必要な事は何だと思いますか?

英会話レベルの英語力?、1年以上の留学経験?

ネイティブレベルの英語力はもちろんの事、専門知識を学んだ者(ビジネス、開発学、IT系、エンジニア等)、どこの場所でも自分の意見を持て、決して家族、友人が居なくても一人で生活できるだけの根性を持ってる者、など様々ありますが、最低条件で以上が必要になります。


みなさん、海外で働くとは、決して簡単になれる事ではないですよね、、、


そして、国内大学からの半年留学や1年間の語学留学等で上記のスキルを養うのは非常に厳しいですよね。。。これが現実です。

私の友人も海外で働いていますが、相当な努力をしてきた人間です。

何が言いたいかというと、

『今のあなたのままでは、目標を達成するのは難しい!』という事です。


しかし、それと同時に目標を達成する為の道もあります。

海外で働くための人材になれるのか、本当にこのままでいいのか、自問自答してみてください。


答えはシンプルです。


人生を後悔しないために、求める道に向かってチャレンジ出来るかどうかです。
※周りのしがらみなどは関係ありません。それを語り始めると、話が止まります

若い世代が頑張らないといけません!

みなさん、勇気を振り絞って、第一歩踏み出してみてください。

Smrtcat

※アメリカに着いて、この文字『Welcome to Los Angeles』を見た時は鳥肌が立ちました

前へ

2017年も2週間が経ちました。✿冬学期も終盤です!!

次へ

Week 9