【留学】オーストラリアの教育制度についてご存じですか???

日本の教育制度とオーストラリアの教育制度、どのように違うのでしょうか。

オーストラリアはイギリスの教育制度と似ているところもありますが、近年ファンデーションコースを受けずに大学に入学できるシステムになってきています。ディプロマコースから進学すれば、入学条件も大学に直接大学に入学するよりも英語の条件が低く、オーストラリアの大学により進学できるチャンスがあります。

Photo_4

現在、オーストラリア全土には39校の総合大学があり、Bond University、The University of Notre Dame Australia私立2校を除いてすべて公立の大学になります。連邦政府の管轄下にあるため、教育レベルにおいては学校間格差が小さく、一定基準以上の質を保っています。大学のカリキュラムは専門教育を主体に組まれ、日本やアメリカの大学にみられるような一般教育課程がほとんどありません。オーストラリアの学生は、通常義務教育修了時Year 10(日本の高校1年次に相当する)で進路を決めます。イギリスの大学と同様に、ーストラリアの大学も、一般的に3年制をとっていますが、医学の場合は6年制、建築学・歯学・獣医学は5年制をとっています。日本の高校卒業の資格だけでは、一般的にオーストラリアの大学への直接入学は認められていません。近年、教育制度の改変もあり直接入学が認められている大学があります。

1)ファンデーションコース

オーストラリアの大学の学部課程に入学するには、ファンデーションコースなどと呼ばれている予備コースに通うのが一般的です。予備コースの授業内容は「英語力の向上」、「スタディスキルの向上」、「基礎学力の向上」の大きく3種類に分けられています。

Perth_city

2)学士号課程

日本では学士号(Bachelor Degree)の履修期間は、通常4年間ですが、オーストラリアでは3年制をとっています。医学では6年間、建築学、歯科学と獣医学では5年間のコースが標準です。コースによっては、学士号課程で優秀な成績を修めた学生は課程修了後、更に1年特定の学科をより専門的に勉強し、Bachelor Degree with Honuorsの取得を目指すことができます。これは、将来大学院レベルで勉強する基盤を固めるためのコースで、全ての学生が履修できるわけではなく、学生号課程の1年目に最低でも65~70%の成績を修めた学生だけが履修資格を与えられます。更にここで優秀な成績を修めた学生は修士号課程やときには直接博士号課程へ進むことが可能になることもあります。

3)学期制度

オーストラリアの大学では、一部の3学期制の大学を除き、2学期制(2月下旬~7月上旬、7月下旬~12月上旬)が主流です。2学期制の大学の場合、1学年(Academic Year)は1月下旬から12月下旬までコースによっては7月に開始されるものもあります。

HIUCオーストラリア大学留学フローチャート

111
①ファンデーションコース

ファンデーションコースでは、大学の進学に向けての準備を行います。ファンデーションコース修了後は規定の条件を満たせば、大学の専攻分野から希望の専攻の1年次から進学することが可能です。

Sibt0402macquarie_university

②ディプロマコース
ディプロマコースは大学1年次に相当するコースで、ディプロマコース修了後は大学2年次に編入することが可能です。ディプロマコースから進学できれば、計3年で学士号課程を取得することができます。つまり、ファンデーションコースをスキップし、大学3年間というイメージです。ディプロマコースでは大学の専攻分野に関連する内容を勉強することになります。

◆HIUCオーストラリア提携・協力大学は>>>こちら

前へ

★Ugly Sweater Party★もうすぐクリスマス

次へ

2017年はどんな年にしたい?What's up 2017?