【HIUC在校生レポート】やっぱりアメリカの大学に留学したい!Part-2

15045305_708831852605385_59612279_2

荒川 あかりさん
星城高等学校(仰星)
海外大学現役進学科2016年6月期生

HIUC在校生レポートPart-2で、前回はニューヨーク州立大学デルハイ校をお伝えしましたが、今回はニューヨーク州立大学ニューポルツ校をお伝えします

前回のニューヨーク州立大学デルハイ校レポートはこちら>>>

国際関係学がとても充実しているニューヨーク州立大学ニューポルツ校に行ってきました。ニューポルツ校はデルハイ校とまた全然違った雰囲気を持つ、とても大きな大学でした。こちらは事前にオンラインでCampus Tour(キャンパスツアー)を予約し、20組ほどの家族とともに2時間くらいCampus Tourと説明を受けました。ニューポルツ校は、少人数制で比較的教職員が学生と近いデルハイ校とは違い、たくさんの学部と大勢の学生からなるとても広いCampus(キャンパス)を持つ大学です。NYC(ニューヨークシティ)に近く自然も豊かなので立地的にも人気が高いそうです。

15127463_708841105937793_67176055_2

15051948_708841395937764_265217819_

一番主張されていたのは、個々の就職に向けて大学のサポートがしっかりしていることでした。様々なInternshipや海外留学制度があり、また教職員も全力で学生の社会性を身に付けさせるため、就職率が非常に高く、その部分に高校生たちの関心が集まっているようでした。

大学寮は2人部屋で共有スペースなどは6人ほどで使うそうです。学生数に対し、Dining Room(食堂)は少し小さく感じられましたが、それぞれ食事をする時間が違うのでうまくやっているそうです。

NYCからバスで一時間半くらいなので、学生はよく週末になるとNYCまで出かけたりするみたいです。自然もいっぱいあり、眺めもいいのでなかなか過ごしやすい大学だと思いました。

15060417_708841902604380_767489687_

15060439_708841722604398_439849734_

~ニューヨーク州立大学2校の見学を終えて~
今回、私はニューヨーク州立大学2校を見学することが出来てすごく良かったなと思います。2校を比べることもできましたし、今まで自分が漠然と思い描いていた “アメリカの大学”をきちんと自分の目で見て感じることができました。インターネットやHIUCから得られる情報には限りがあり、異国で遠い存在だからこそ必要以上に不安な気持ちになったり、悩んだりすることもあります。私もアメリカに行くまでは“本当に日本の大学でなくていいのか?高い学費を払ってまでアメリカで勉強する価値があるのか?”と正直思う部分もありました。でも実際、大学を見学して、学生の輝く姿を目の当たりにすると“本気でアメリカで勉強したい!”と、頭で考えるより先に心で感じるものがありました。

でも一つだけ間違っていないこともありました。それは"英語力"と"コミュニケーション能力"です。この2つはどちらが欠けてもアメリカで生きていくことはできないと思います。特に英語力については、私が思っている以上に能力が問われると思います。私が"外国人である"という認識を捨て、ネイティブと同じレベルになることを目指しつつ、留学準備を日本でやっておかないと必ず後悔すると思いますし、自分が大学に入ってからすぐに学問を楽しめないはずです。私は今回、いろんな意味でショックを受けましたが、自分が持っていた意識の低さを実感し、それ以上に留学することの意味やぶれない気持ち、また自分の将来の希望を再確認することが出来ました。今、留学している方は頑張ってほしいですし、彼らに近づけるように私も頑張りたいと思います!

15126207_708841545937749_208931565_

前へ

【大阪校より】冬期TOEFL®対策集中講座の開催決定!

次へ

12/3(土)留学・海外大学進学説明会☆