あなたはこれから「何者」になりますか?

こんにちは!留学カウンセラーの鳥畑です。

夏休み中にたくさんオープンキャンパスに参加したけど、

どの大学も決定的な違いがなくて、なんとなく進路を決めていませんか?

なんとなーく 勉強して偏差値の高い大学に行ければいいや

とか、

なんとなーく 推薦を受けられそうだから、今の高校から進学実績のある大学でいいや

とか

なんとなーく みんなと同じ進路でいいや

とか考えていませんか?

私もそうでした。そんな感じで真剣に志望校を決めたのは高校3年生11月でしたから。

でもその“なんとなく”って、どういう意味か知っていますか?

「言動などに、はっきりとした理由・目的がないさま」という意味なんです。

そんな感じで、

はっきりとした理由もなく決めた志望校に向けて勉強すると、

もちろん本気にはなれませんよね。

  ↓    ↓    ↓ 

そして、その志望校へ進んだ後に

「なんでこの大学、この学部だったんだっけ?」

「なんでもっと大学を調べなかったんだろう・・・」

と後悔し始め・・・

  ↓    ↓    ↓ 

さらにいざ就職活動を行う際に

「私って大学で何やってたんだっけ・・・?」

となり、残るは学歴と自分の性格をアピールするのみ。

これは、実は私の実体験なんですけどね(苦笑)

しっかりと目標を持って進路を決めていた周りの子たちがなんとキラキラして見えたことか!

まるで10月15日公開の新作映画「何者」の状況だったのではないでしょうか。

まだ観ていませんので、ストーリーを聞いただけですが・・・。

このブログを見ている方たちは、海外、英語、留学に興味のある方だと思います。

でも、その気持ちを“なんとなく”で流してしまっていませんか?

“なんとなく”進学先で考えればいいやって思ってませんか?

でも、そこで一度立ち止まって考えてみてください。

自分が何者になるか想像できてる?

本当にその進路でなりたいものになれるの?

 

ヒューマン国際大学機構では、海外大学進学をメインに扱っています。

なので、海外大学に憧れているのに、今頑張れば行けるのに、

一歩を踏み出せない方には背中をポンっと押して促すことももちろんあります。

でも、場合によっては「国内大学へ進学した方がいい」という提案もしています

なんとなく進路を決める前に、一度プロの留学カウンセラーに相談してみませんか?

無料の個別カウンセリングのご予約はこちら⇒★★ご予約ページ★★

「もっと気軽に!」LINEでのご相談も受け付けています⇒★★LINEの友だち追加★★

前へ

大阪府立泉北高校で海外大学説明会を実施しました☆

次へ

アメリカからメールが、、、友達がいつの間にかキャビンアテンダントに!