SUNY留学生日記:アメリカ出発当日の出来事

先日、ニューヨーク州立モホークバレーコミュニティカレッジに進学した廣瀬純太郎さんの出発日の出来事をご紹介します

Dsc_0339

廣瀬純太郎さん
京都府立福知山高校出身
ニューヨーク州立モホークバレーコミュニティカレッジ(2016年8月より)


MVCC(モホークバレーコミュニティカレッジ)に到着して10日ほど経過しました。羽田空港からMVCC到着に至るまでの動きをお伝えしようと思います。

Dsc_0344_2

羽田空港10時集合。受付カウンターのスタッフが集合せずに個々で飛行機に乗り込んでくださいと説明を受けたため、その場にいたHIUC生6人で飛行機へ。ちなみに僕のとなりの席に座ったジョシュという中国人が、親切に機内のことを教えてくれました。サンフランシスコ空港に着いたところで、新たなHIUC生を発見。一緒に行動することになり、この時点でHIUC生は7人。しかし、順調にはいきませんでした。フィラデルフィア行きの国内線が飛ばない。アメリカではよくあることらしいです。待っている間にサンドイッチみたいなのを買って食べたら想像以上に不味い。何とか1、2時間程の遅れで飛行機は出発し、また途中でもう一人HIUC生を発見。結局8人でフィラデルフィア空港に到着しました。

Dsc_0342

ここで問題が2つ。1つは一人のチケットが一枚足りない、そもそも2枚しか空港で貰っていないということ。もう1つは、9人目のHIUC生は誰なのかということ。1つ目の問題のチケットは別紙に3枚購入したという履歴があったので事なきを得ました。しかし、シラキュース空港に着いてもまだ9人目が見つかりません。仕方がないので8人でバスを待っていると、アジア人の男性が1人近くにいることを発見。彼が最後のHIUC生でした。こうして9人揃い、無事にMVCCのバスに乗り込むと、そこには先客が!?

To be continued...

前へ

IELTSのお勉強 ~AUSTRALIA~

次へ

Chocolate Time!!チョコレートの商品を考え、どのようにマーケットしていくかプレゼンしました!