大阪府下の高校の授業でTOEFLを強化しています!!

こんにちは。高校担当のマッケンジーです。今日は、大阪府下の高等学校でTOEFLの授業を勉強するプロジェクトが進行中というお話をします☆大阪府では、前橋本市長の影響もあり、TOEFL試験を受ける、TOEFLに必要な思考力を養う、プロジェクトが進められています。

大阪府の取り組みとして、SGH(スーパーグロバールハイスクール)への働きかけや、SET(スーパーイングリッシュティーチャー)の導入、骨太の英語力養成事業として、TOEFLを受験するため御対策授業などが行われています。SGHの高等学校では、TOEFLのプラティカルテストを受験しなくてはいけないところもあり、たくさんの高等学校で実施されています。

Img_2684

TOEFL試験は、海外の大学を受験するだけではなく、ここ近年グローバル形式入試が導入され、TOEFLのスコアで英語の試験が免除されたり、合格基準になっています。

※立命館大学、関西学院大学など。

Img_2689

大阪府の取り組みとしては、TOEFLで高得点を取ることが目的ではなく、TOEFL試験を受けるために必要な4技能をバランス良く学ぶことで、考える力を身に着けることが目的とされています。HIUCでは、北野高校、四條畷高校、高津高校などでTOEFL講座を実施しています。毎年2回、HIUC学内でTOEFL講座を実施していますので、是非機会があれば受けてみてくださいね。

前へ

長期留学の前に短期留学ってありですか?

次へ

27日(土)・28日(日)保護者様対象の留学説明会を開催!