MajorityからMinorityになるということ

こんにちは!

留学カウンセラーの石原です!

Image5

タイトルだけみると、『え?なんのこと?』って感じですよね!

 

Majority =過半数 Minority=少数 です。

これは、私が留学して感じたことなのですが

日本で日本人として暮らしていた高校まで、ALTと放課後話したり

街中で外国人の方を少し助けたり【英語】【異文化】と関わる機会は少なからず

ありました。

でも、それは日本人が大半を占める、日本という国での日本人としての経験です。

 

そしてその後、留学生としてオーストラリアに行き 初めて長期間【外国人】として

扱われる生活がスタートしました。※響きが悪いですか?笑

それまでは、日本人の中にいる少数の外国の方と交流することに慣れていた私は、

初めて自分が少数の方の立場になったことに初めは慣れませんでした。

特に、オーストラリアのド田舎にいた私は、アジア人に慣れていない方も周りに沢山いました。

そして、【英語が喋れてあたりまえ】の世界で、

まだ英語が喋れなかったときは、毎日ドキドキなにが起こるのだろうと不安でした。

もちろん、外国人に対する反応は日本のように暖かいことばかりではありませんでしたし、正直、しんどいなーと思うことはありました。

しかし、日本という島国で育って、

旅行やホームステイなどで短期留学したことはあっても、長期でその国や地域に住んだことがなかった私は、オーストラリアに留学した約1年で、初めて【日本人】として外国に住み、客観的に【日本】という国を外側から見る事が出来たと思います。

例えば、バスが時間通りにくる日本ってすごい!とか、

コンビニで丁寧にお辞儀してくれるのって当たり前じゃないんだ!とか

でも、日本だってもっとバスの中で譲り合いの精神あったらいいのに。。。とか

 

【外国人】として過ごす中で気づくこともあります。

例えば、なんでチャイニーズっていわれんの?日本人ですけど!(あ!!でもアメリカ人とイギリス人の見た目の違い、私も分からないな。。。)とか

母国語じゃない言葉でコミュニケーションってむっずかしいなー相手にされないわーじゃーどうしたらいいかなーとりあえず笑顔は保っておこうかなー!とか

 

文章にすると少し変ですが笑 ほんとにいろんな気づきや、疑問が毎日浮かんできます。

 

たしかに、英語は日本でも学べます。 英会話学校や、大学内での英語村みたいなところでも異文化交流はできますよね。

でも、自分の安全地帯から抜け出して、体験すること、見えるもの、出会う人は、日本で経験することよりも何倍もインパクトがあることですし、日本では経験できないことも普通に起こります。

 

オーストラリアのときの先生に言われた言葉があります

『When you want to jump higher, you have to get out of your comfy zone. That’s how people grow and see the world 』

向上心があるなら自分の安全地帯から抜け出しなさい。そうやって人は成長するし世の中を知っていくの。

 

なにか大きな決断をするとき、最初の大きな一歩を踏み出せるかどうかにかかってきたりします。思い切って踏み出したそのあとは、思っているよりも不安だらけじゃなかったりもします。

 

私は、思い切って日本から飛び出してみるのをおススメします笑

カウンセラーまでご相談くださいね!

前へ

Summer Vacation

次へ

【海外大学現役進学科】2016年度夏期合宿@熱海