SFSU(San Francisco State University)の担当者がHIUC東京に☆【HIUC提携校】

7月4日(月)にSFSU(San Francisco State University)の担当者が来日し、HIUC東京校にてオリエンテーションを実施して下さいました☆

16:50ごろからのスタートだったのですが、

この日は夕方ごろから突然の豪雨でオリエンテーションに参加した方も

数名はビシャビシャになってしまっていました(;;)

ただ、オリエンテーションは予定どおり始まりました。

Img_6928_2

本日来ていただいた担当者の方は

当時、実際にSFSUの学生で、卒業した後にSFSUの担当者になった方でした。

そのため、担当者としての意見だけでなく、学生としての意見もたくさん聞くことができました。

もちろん全て英語でオリエンテーションは実施されましたよ:)

Img_6931

学生も集中して耳を傾けていました!

(途中、雷などがなって少しザワザワしましたが・・・)

Img_6932

このように、SFSUには付属の語学学校もあり、少し英語力に不安のある学生もバックアップしてくれます!

(*この語学学校にも入学基準があります)

Img_6935

最後には質問コーナーの時間もありましたが、学生はあまり積極的に質問ができませんでした。

すると担当者の方から2つのアドバイスがありました。

1つ目は、

『自分の考えを伝えないと、何も考えていないとみなされる』ことです。

例え自分の中で質問、あるいは質問に対して答えを持っていたとしてもそれを発言しなければ何も考えていないとみなされ、何の評価にも繋がらないということです。

これは授業以外の友達との関係作りにも必ず必要となってきますよね。

なんでも『なんでもいい』などと答えていては友達の信頼を失ってしまいますよ!!

2つ目は、

『日本のことについてしっかりと勉強する』ことです。

現地の方々にとっては、ほとんどの方が留学したあなたが初めての日本人となります。

いわば、『日本人代表』ですね:)

なので、祝日のことや遊びの意味などを聞かれた時に『わからない』と答えていては、友達もさぞかし残念ですよね・・・

これらは日本にいても日本人として知っておかないといけないですよね。

英語以外にも興味を持って海外の大学進学や語学留学に臨みましょう☆

【サンフランシスコ州立大学情報】eye

サンフランシスコ州立大学では、大学生、大学院生あわせて約29,000名が学んでいます。専攻数が大変多く、大学レベルで113専攻、大学院レベルで 96専攻あります。その中でも、ビジネス、心理学、生物学、英語、ラジオ・テレビ、映画等が人気の専攻です。また、約400万冊の書籍と125のオンラインデータベースを持つ図書館、新入生へのカウンセリングやチューター制度も誇れる特徴です。大学院レベルでは特殊教育分野の大学院博士課程や理学療法の大学院修士課程・博士課程など他校とのジョイントプログラムもあります。

book サンフランシスコ州立大学情報はこちら>>>

前へ

海外インターンシップ体験談

次へ

現役進学科6月期生がスタートして約1ヶ月が経ちました!