HIUC修了生紹介(アメリカ・ニューヨーク州立大学デルハイ校卒業)①

Chiho

岡田 千穂さん
関西外国語大学短期大学部出身
海外大学編入科夜間制2011年5月期生
ニューヨーク州立大学デルハイ校(観光学専攻)2015年5月卒業

留学に関心をもったのはいつ?そのきっかけは?
一番最初に関心を持ったのは、高校3年生の時でした。大学進学を海外大学へ希望だったのですが、当時は知識もなく、高校の進路指導の先生からも一度は国内の大学に進学してからそれからでも、いいのではないかとアドバイスを受け、いったんは国内の大学に進学したものの、自分自身しっくりきませんでした。それから入学して1ケ月後に語学留学のポスターを大学構内で見つけ、すぐに応募しました。面接を受け無事に合格し、1ケ月だけミシガンの提携校に語学留学しました。そのときに、海外大学の専攻の多さにびっくりしたのと、自分には海外大学の方があっていると思い、日本に帰国してから留学について再度調べ始めたのが現在へのきっかけです。

HIUCに入学を決めた理由は?
上記に戻りますが、調べていたときに見つけたのがHIUCでした。まずは説明会に行き、話を聞きました。留学前のサポートはもちろん、留学後のケアもあるというのが魅力的でしたので、入学を決めました。あと、先生がネイティブな方なのと、授業が少人数で自分のあったレベルからスタートできるところも決めたきっかけになりました。

HIUCで印象に残っていることは?留学後に役立ったなーと感じたことは?
HIUCの授業でプレゼンテーションとエッセイの授業があったのですが、この2つは留学生活に活かされていました。特に私の専攻はプレゼンテーションの授業が多いので、HIUCの授業でプレゼンをする内容は違っても、プレゼンテーションに使うパワーポイントの使い方、リソースの正しい使い方、プレゼンの進め方など、かなり役立ちました。あとは、やはりエッセイです。書くことがすごく苦手なわたしでしたので、練習の意味も含めてHIUCでエッセイの授業、宿題があってよかったなと思います。エッセイの書き方や、書き始め、まとめ方など、決して違う内容であっても文章の校正は同じなので、アメリカの大学の前に学べてよかったです。

Img_2217

海外大学を選ばれる際に何を重視しましたか?
私の学びたいホスピタリティーや観光学を主に力を入れている大学(授業内容やインターンシップ等)、あとは少数でクラスを受けられるところも重視しました。あと、個人的な意見になりますが、私の通っていた大学はNY(ニューヨーク)といえどもすごく田舎にある大学で、遊ぶところも少なく、かなり自然であふれているところでした。周りに流されず自分を勉強できる環境に置くことができると思い、こちらも決めた一つの理由でした。

まだまだ続きますsmileお楽しみscissors

前へ

SGH指定校 四条畷高校にTOEFL講座に行ってきました!

次へ

【17日・18日の2日間限定!】半年に一度の開催*北海道での留学説明会