英語で海外大学で学ぶ*リベラルアーツって何??

みなさん、こんにちは!

留学カウンセラーの鳥畑です。

 

今日は最近お話を聞くことの多い

「英語を学びたいけど、将来なりたいものがない」という方々に

おすすめの学びをお教えします!

 

Image_gallery_2

●将来のために英語力を身に着けたい

●将来は英語を使った仕事に就きたい

●英語が好き

●将来外国で働きたい

 

という方はすごく多いと思います。

 

でも〝どんな職業に就きたいか″と聞かれると悩んでしまう・・・

でもそれは悪いことではありません!

むしろ、これからいろんなことを経験して、

やりたいことを見つけるチャンスかもしれません。

 

じゃあ、英語の他に何を経験すればいいのか?何を学べばいいのか?

 

What_do_i_want_to_do

そんなみなさんにオススメなのが

アメリカの大学で「リベラルアーツ」を学ぶことです。

 

リベラルアーツとはいわゆる一般教養科目のことで、

一年次~二年次にいろいろな分野の授業を平均的に受講し、

広い一般的知識を身に着ける授業のことです。

 

すでに調べているみなさんなら

「それって日本の大学にもあるじゃないか」と思うのではないでしょうか?

 

日本の大学では学部、つまり専攻を決めてから一般教養を学びます。

一方、アメリカの大学には学部が存在せず三年次、四年次からは好きな専攻を選べます。

つまりリベラルアーツを学んで、関心のある分野を見つけてから専攻を決めていけるのです。

 

また、アメリカの大学では参加型かつ実践的な授業が多く、

グループワークやディスカッションが活発に行われ、

しばしば企業から講師を呼んでお話を聞くことも。

 

単に聞くだけではない授業なので、知識の幅も興味の幅も広がります!

 

今、英語以外に学びたいことがない、というみなさん、

ぜひアメリカの大学を検討に入れてみてはいかがでしょうか?

英語+αの学びを身に着けることができますよ*

 

留学に関してだけでなく、「やりたいことが見当たらない」とお悩みの方は

一度留学カウンセラーにご相談してみるのはいかがでしょうか?

 

前へ

~2020年のオリンピックに向けて~ スポーツ留学説明会 スポトレ・マネジメント・ビジネス幅広くご説明します

次へ

✦HIUCの学生の生活✦in March この時期HIUCでは何が起こっているの?!