~2020年のオリンピックに向けて~ スポーツ留学説明会 スポトレ・マネジメント・ビジネス幅広くご説明します

アメリカでは全米アスレティックトレーナー協会認定のNATAの資格が取得できます。

_thumb


NATAとは、National Athletic Trainers Associationの略で、スポーツの現場で医師の活動を助け、選手の健康管理や受傷者の競技復帰を担当する専門家です。
NATA公認のアスレチックトレーナーはアメリカ国内はもちろん国際舞台でも活躍しています。

スポーツ傷害の予防が最も注目されている役割の一つで、怪我をしないための体力づくりのノウハウや、テーピングなどの傷害予防に役立つ高度な技術が要求されています。
日本のスポーツ界はもちろん、NBA・NFL・MLBなど、世界最高峰のスポーツチームに所属して、トレーナー活動をすることも可能となります。日本人のNATA保持者の数はまだ少なく、将来性抜群の資格です。

将来、スポーツトレーナーとして働きたい人は進路選択のひとつとしてNATAトレーナーの資格を取得できる海外大学という選択肢を考えてみませんか?

<説明会内容>

■海外大学で学ぶスポーツトレーナーの内容について
■NATA(National Athletic Trainers Association)について
■アメリカでスポーツトレーナを専攻していたスタッフ紹介
■海外留学に必要な語学力、費用
■卒業後の就職について
■その他、質疑応答
【会場】
ヒューマン国際大学機構 東京校
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル5F
【定員】
10名
【時間】
10時~/12時~/14時~/16時~/18時~
【申し込み方法】
http://hiuc.athuman.com/events/detail.asp?id=2015080201&code=130067

※留学にはご家族の理解が必要です。
説明会にはぜひご家族とご一緒にお越しください

前へ

HIUC修了生紹介(カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学中)①

次へ

英語で海外大学で学ぶ*リベラルアーツって何??