実際、海外の大学ってどのようなところか想像はできますか?

こんにちは!私達、ヒューマン国際大学機構は海外大学に進学したいと考えている方たちの準備サポート機関です。

Image2

みなさんの中には海外大学と言われても、ピンとこない方も多いのではないでしょうか?

私も高校生の時はそうでした。大学に行こうとは思っていましたが、先生も周りも海外以外

の大学という選択肢はなかったし、私自身も頭の片隅にもありませんでした(*_*)

私は留学カウンセラーとして、留学を考えている学生に海外大学の魅力を知っていただきたいと日々考えながら過ごしています。

ということで、今回は海外大学ってどのようなところなのか紹介したいと思います!

将来海外で働きたい、英語を使って働きたい、っていう方は参考にしてみて下さいね!

 

1、授業はもちろんAll English!!

もちろんですよね。英語で専門分野を学ぶ為、英語力は必須です。

日本では専門学校で取り扱っているような、美容学・舞台芸術・観光学・スポーツトレーナーなど個性豊かな分野があるのも魅力的ですね。

もちろん日本の大学にあるような、法学や国際関係学、社会学などもあります。

様々な人種と授業を受けることで、色々な方向や視点から考えることができることが醍醐味ではないでしょうか?

 

2、 インターンシップが充実!!

日本の大学でインターンシップとなると夏休みに個人で申し込んで参加するスタイルが一般的かと思われます。私は大学在学中の時からすでに航空業界に興味があったので少し調べてみた記憶がありますが、実際すごい競争率だった記憶があります。

海外大学はプログラムの一環として組み込まれていて、単位認定されます。

国連本部やJFK空港など、日本の大学では到底考えられないですよね!

即戦力を求められるので、このような経験はきっと就職活動でも役に立つと思います!

 

3、OPTとキャリアフォーラムって知っていますか?

OPTとは海外大学卒業後に取得できる就労許可で、約1年間専攻内容に即した仕事に就くことができます。その期間中に実績を出せば、勤務を延長して許可してもらうことができ、また関連企業に就職先を紹介してもらえる場合もあります。

OPT終了後はそのまま海外で働く人もいますし、日本に帰ってくる人もいます。

その場合、バイリンガルの為のキャリアフォーラムで就職活動をすることもできるので、日本の大学生には募集していない職種に出会うこともできますし、バイリンガルという限られた学生達内での競争率なので、興味のある仕事に就ける可能性が広がります(^^)

 

 

日本の大学と海外の大までは想像できますが、プログラムや実際の生活ってよく分からないと思いま学は規模が大きくて、様々な人種がいて、とす。

そのような時はお気軽に留学カウンセラーにお聞きください!

現在、地方にも説明会を開きながら回っていますので、希望があればご連絡下さい!

貴重なチャンス、逃さないでくださいね!予約制なので、お早目に☆

Koala_mother_and_baby

前へ

冬学期修了✤出願の時期になりました!✤

次へ

冬学期終了!本日より春学期がスタート!