HIUC修了生紹介(イギリス・UCA芸術大学留学中)③

Dscf1735_2

牧野 美裕希さん
西南女学院高等学校出身(福岡県)
海外大学現役進学科2014年6月期生
UCA芸術大学(イギリス)2015年7月より留学中

HIUC修了生紹介(イギリス・UCA芸術大学留学中)①こちら>>>

HIUC修了生紹介(イギリス・UCA芸術大学留学中)②こちら>>>

授業がある日は、どのような一日を過ごしていますか? 
8:30      起床
10:00     1限 その日の内容の説明、および前日の作業の続き
11:30~50  休憩
11:50     2限 作業の続きまたは講義
1:00~2:00 ランチ 大学の寮(シェアハウス式) でコースの友達やその寮に住んでる人と一緒に
2:00           3限 午前の授業の続き及び発展
3:30~5:00 4限 作業の続き、グループでの自分の作品のプレゼンおよび批評
5:00~6:00 スタジオで自習
6:00~8:00 図書館で自習
8:30~       夕飯
10:00~      BBC Radio などを聴く
12:00~1:00 就寝

授業がない日は、どのような一日を過ごしていますか?
午前: 日本にいる友人とSkypeで通話
午後: 大学のコースの友人とパーティ

635828805590320986

海外の大学に進学してよかったな、と感じたエピソードはありますか?
文面や授業の英語力だけでなく、会話や生活の英語力も身に着けられることです。あいづちの仕方や電車の切符の買い方、生活するときに必要な英語や実践的な英語は日本の学校では教わらないので、そうゆう英語力も必要で身に着ける必要があるとおもいます。それから日本の良さに気付きます。日本がどれだけ食べ物、水、最新技術に恵まれている国なのか、実感しました。そしてどれだけ世界の人から日本人や日本文化が愛されているかも知りました。もっと日本人であることに誇りを持とうとおもいました。

将来の目標・夢は?
ファッションが好きなので、ファッション関係の仕事につくことです。その際、日本の伝統や技術をデザインに組み込ませ、ファッショナブルで着やすいけれど、伝統の技術を駆使した服を作りたいと思っています。日本人にも日本の文化や伝統のすばらしさを気付かせ、世界の人にもそれを着てもらうというのが夢です。例えばISSEI MIYAKE などのブランドがそうゆうコンセプトでコレクションしていますし、三宅さんを尊敬しているので、ISSEI MIYAKEに並ぶようなブランドをもちたいと考えています。

Wp_20150814_10_44_08_pro

留学を希望する後輩の皆さんに向けて、アドバイスをお願いします。
受験英語だけでなく、会話英語、生活で使う英語がとても大切です。どう自分の考えを英語で説明するか、自分のことを英語で語れるか、それが重要になります。授業は当たり前ですがすべて英語なので、自分の専攻を英語で学ぶことになります。悔しい思いもたくさんしますが、そういう困難を乗り越えた先輩は必ずいるので、とにかくまわりに相談し、一人で解決しようとしないことも大切です。また、国内にいる間になるべくネイティブの発音や話すスピードに耳を鳴らしておくことも必要です。You Tubeで海外のユーザーの動画をみたりラジオを聴いたりして言い回しや言葉のつながりを耳に鳴らしておくと、現地に行ってからの負担が減ると思います。

********************************************************

UCA芸術大学情報

University for the Creative Arts
New Dover Road, Canterbury, Kent CT1 3AN UK
University for the Creative Artsのホームページはこちら>>>

【特徴】
UCA芸術大学は英国政府監査機関の調査において、イギリスの全高等教育機関トップ10にランクされる国立ケント芸術大学と国立サリー芸術大学が連合し、2005年8月より新しい芸術大学へと発展したイギリス屈指の国立芸術大学です。80以上の専門プログラムを持ち、各業界の第一線で活躍するプロが行なう教育の質の高さには定評があります。また世界の名だたる企業とのつながりも深く、企業との共同プロジェクトを通して実践力を高めることができるほか、各分野に合わせて特別に設計されたクリエイティブな校舎や近代的な設備も魅力的です。「イングランドの庭」と呼ばれる美しい田園風景が広がるロンドン郊外、カンタベリー、エプソム、ファーナム、メイドストーン、ロチェスターの5つの町にキャンパスがあります。どこも穏やかで伝統があり、自然に囲まれたキャンパスは芸術学習に抜群の環境です。また世界の3大美術館の一つである大英博物館がある首都ロンドンまでも1時間以内の距離で、都会へのアクセスも容易です。

【専攻】
アドバタイジング&ブランディング/アニメーション/建築&インテリア/製品デザイン/宝石デザイン/テキスタイル/デジタルデザイン/ファッションデザイン/ファッションジャーナリズム/ファッションビジネス/映画&ビデオ制作/芸術学/3Dデザイン/グラフィックデザイン/イラストレーション/メディアアート/写真学/プリントメイキング/ジャーナリズム/マネジメント&マーケティング など

前へ

これが留学の醍醐味。準備は英語力だけじゃない異文化の怖さとは!?

次へ

海外大学留学説明会★~海外進学は決して非現実的な進路ではありません~