アメリカと日本 年末年始の過ごし方ってどのように違うの?

Image

もうすぐ年末年始休暇に入ります。

HIUC東京校では、大阪校より少し早目に、冬休みTOEFL/IELTSセミナーが

終了しました。学生の皆さん、外部の方でセミナー受講された皆さん、お疲れ様でした。

冒頭の写真は、今年、2014大晦日のニューヨークタイムズスクエアの写真です。

アメリカでは、日本のほど、年末年始の休暇は長くありません。

もちろん、特別な日なのですが、大晦日と元日のみ新年のお祝いをします。

2日又は3日から仕事を再開する人達がほとんどです。

大晦日のカウントダウンはとても大切な時間で、日付の変わる10秒前のカウントダウンは

最高潮に盛り上がりを見せます。

Photo_2

そして、”Happy New Year”と叫びます。

その後、思い思いの過ごし方をしますが、多くはバーや自宅で

お酒を飲んだり、食事をしたり、楽しみます。

日本のように、年越しそばやお雑煮、おせち料理など、決まった食事はありません。

また、神社や教会などに参拝に行くという習慣もありません。

あと5日で、2015年も終わります。

2016年も、HIUCの学生さんは、それぞれの目標に向けて

英語を英語で学び、それぞれが決めた国の大学へ行く準備をしていきます!

更なる飛躍を期待しています!!!!!

See you in January 2016!!!

前へ

海外で過ごすクリスマス★

次へ

HIUCの冬季休暇のお知らせ