HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆④

Seattle1

山本 深月さん
藤嶺藤沢鵠沼高等学校
海外大学進学科2011年4月期生
ワシントン州立ベルビューカレッジ 心理学専攻卒業(2014年6月)
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 心理学専攻(2014年9月から編入)

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆①こちら>>>

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆②こちら>>>

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆③こちら>>>

インターンシップをされたことはありますか?その感想は?
2015年の夏休みに約1ヶ月半、シアトルにある人材紹介会社にてインターンシップを経験しました。プロの人材コンサルタントの元で一からリクルーターというお仕事について学ばさせて頂きました。

インターンシップの経験を通して、社会人と学生である自分の差はもちろん感じました。そしてそれ以上に、今までぼんやりとしかイメージしていなかった、働くという事はどういうことなのか、自分はどんな社会人になり何をしたいのかという事について深く考えはじめ、過去・現在・未来と、自分を見つめなおすきっかけとなりました。

Graduationpic2

インターンシップで学んだことや、どのように活かされていますか?
自分が理想とする社会人を目指すには、自分を見つめなおし、そして見つめあうという事が必要でした。インターンシップを通し働くという事において自分の長所短所がよく見えて来ました。そして、それが現在就職活動をする上で役立っていると思います。なりたい自分に成るにはどうしたらいいのか、今の自分には何が足りていないのか等、インターンシップを通して社会の常識だけではなく、自分についても学べた気がします。

将来の目標・夢は?
私のゴールは、人事のスペシャリストになることです。具体的には人材育成、組織開発、リーダーシップ強化プログラムの開発等に携わりたいと考えています。そのような開発に携わり、従業員の人達がより生き生きと働けるような環境を築きたいというのが社会人になる上で大きな目標です。

Graduationpic

留学を希望する後輩の皆さんに向けて、アドバイスをお願いします。
現実を見つめて進んでいくことはもちろん大切ですが、現実だけでなく、自分は何がやりたいのか、何が好きなのか、何が合うのか等、自分と向き合うことはどんな決断をする上でも大切になってくると思います。後は、計画は早めに立てること、そして迷った時は出来るだけ多くの人の意見を聞くことだと思います。

前へ

今年ラスト!名古屋での留学相談会!残りわずかになりました。

次へ

【12月13日開催 海外留学フェア】海外の大学を目指すための相談会です!