HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆②

Seattle1

山本 深月さん
藤嶺藤沢鵠沼高等学校
海外大学進学科2011年4月期生
ワシントン州立ベルビューカレッジ 心理学専攻卒業(2014年6月)
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 心理学専攻(2014年9月から編入)

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校留学中)心理学専攻◆①こちら>>>

大学を選ばれる際に何を重視しましたか?
私はシアトル市郊外にある2年制大学のベルビューカレッジに2年間通いました。コスト面を考えての2年制大学から4年制大学への編入コースにしたのですが、コストと同様に重要視したのは安全性でした。アメリカに来るのは初めてではなかったので、怖いイメージ等はなかったのですが、やはり、なるべく治安の良い場所を選びたいと思いました。幸運なことに、ベルビューカレッジを卒業した先輩とお話をする機会があり、その方からワシントン州の良さ、勉強環境、そして安全性を教えて頂きました。先輩の貴重な情報を元に、初めの2年間を過ごすのに最適だと思ったベルビューカレッジを選びました。

専攻された学部ではどんな勉強をされていますか?
私はニューヨーク州立大学ビンガムトン校にて心理学を専攻しています。心理学と言っても様々な分野があるのですが、その中でも私はビジネス寄りの産業心理学(Industrial Organizational Psychology)や行動脳神経学(Behavioral Neuroscience)を中心に学んでいます。産業心理学とは、人事に近いのですが、従業員のモチベーションやサティスファクションを研究し企業の利益を上げたり、いかに従業員の人たちが過ごしやすい仕事環境を作るか等の勉強をします。行動神経学は生物心理学とも言い、人間の行動を神経学を元にして勉強をします。脳の仕組み、構成、役割、機能と基本的なアナトミーから、私達が普段触れる・接種する化学物質がどう脳内のニューロンに反応しどの神経伝達物質が放たれるなど、細かい神経学を勉強しています。

Campus1

授業がある日は、どのような一日を過ごしていますか? 
現在、私はSenior(4回生)で、授業内容はほぼ専攻学問の心理学です。
今学期は心理学を3科目、そして日本語のTA(Teaching Assistant)をしています。

7:00AM         起床
8:30-9:55AM    1限 Behavioral Neuroscience (心理学のクラス)
                           授業内容:行動神経学のクラスで、人間の行動を神経学に基づいて勉強する。

11:00AM-       友達とランチ 
11:40AM-1:05PM 2限 Human Memory (心理学のクラス)
              授業内容: 認識学からの視点を主にした人間の脳内での記憶の仕組み、過程等を学ぶ。

1:15PM-2:40PM   3限 Japanese 101 (Teaching Assistant)

4:30PM-5:30PM   日本語のオフィスアワー 
                  (学生さん用に設けた時間で、質問の受付等お勉強の手伝いをします)

6:00PM-6:30PM   帰宅し夜ご飯の支度

-12:00AM(1:00AM)課題、予習等をし就寝 


授業がない日は、どのような一日を過ごしていますか? 
<平均的な土曜の過ごし方>
8:00AM-9:00AM   起床
10:00AM-1:00PM  部屋・キッチン等の掃除&ランドリー&勉強

1:00PM-             家でお昼&出かけるまで勉強

3:00PM-5:00PM   ボクシングタイム@大学
                  (学生が起ち上げたボクシングクラブの練習に友達と参加。護身術等も習う。)

7:00PM-8:00PM    夜ご飯

8:00PM-                 就寝まで勉強

⋆ボクシングがない日曜や休日は勉強以外では友達と料理を作ったり、映画を観たり、NY州内のドライブへ出かけたりします。まれにNYCに遊びに来ます。

Ny1

現在通っている大学は、どんな大学?
編入されている方は、編入前の大学のことも書いて下さい。
編入前の短大はシアトル市郊外にあるベルビューカレッジでした。学校の規模が大きすぎず小さすぎずで、初めの2年間を過ごすのに最適な学校でした。
現在通っている大学はState University of New York, Binghamtonと言い、 ニューヨーク州立大学の一つです。マンハッタンから車で3時間の位置にあります。会計や金融のビジネやエンジニア系に強く、また研究大学でもあり、心理学・生物学等たくさんの研究が行わています。
シアトルと比べて日本人が圧倒的に少なく、日本人だと言うと驚かれることが多々あります。とても田舎に位置するビンガムトン大学ですが、大学の質はとてもよく、勉強に集中できる環境だと思います。

まだまだ続きますsmile次回は大学生活です!お楽しみscissors

前へ

アメリカでのキャンパスライフを紹介!!実はアメリカはチャンスが広がっている!?

次へ

11月28日開催 国連職員を目指す君へ~国際関係学留学ガイダンス~