なぜ海外大学へ進学するのか。

こんにちは、ヒューマン国際大学機構の佐久間です

海外大学へ進学してみようかな?って考えたことはありませんでしたか?

3

僕は国内大学へ進学した後アメリカの大学へ進学しました。
なので『なぜ海外に行ったのか』という質問をよく聞かれるのですが、実際ちゃんとした答えはないです。
今思い返すと、海外行ったらかっこいいかな?とか、英語しゃべれたらかっこいいかな?くらいにしか思っていなかったです。
海外大学に行く前までは一度も海外に行ったことがなかったので、実際一番の理由は『憧れ』だと思います。

1

よく聞くのが、海外大学と国内大学を考えるとき、『やりたいことを決めてから行きなさい、やりたいことがなければ日本の大学に行きなさい』と聞くことがあると思います。
でも、アメリカの大学を卒業した僕からすると、やりたいことを見つけるため、決めるためにはアメリカの大学のほうがおすすめだと思っています

4c5ad476

実際海外の大学には日本の大学以上に専攻分野もあり、日本よりも幅広く学ぶことができます。
たとえば、ワインのソムリエになるための学部であったり、テーマパーク管理学、馬についての経営学なんかもあり、自分のやりたいことを集中して勉強できる環境が整っています。
また、大学に入学するときに学部を選ばずに入学することもでき、専門課程に入る大学3年生まで幅広い分野を勉強しながら、自分に合った学部を考えることができます。
就職に関しても、もしあなたが英語系の学部を考えているのであれば、海外大学のほうが有利になる可能性もあります。大学で英語を学ぶというよりも、英語を使って専門知識を学ぶということになりますので、
大学時代に学べる内容が多くなります。

Learn04_2

ヒューマン国際大学機構では、海外に進学したいあなたをサポートしています。
僕は日本の大学もアメリカの大学も経験しているので、もし興味があれば下記の個別相談会で
進路についてカウンセリングさせていただきます!

669b081b

留学説明会のご予約はコチラよりお願いいたします。

前へ

【追加情報】HIUC提携校アメリカ大学担当者来日!

次へ

不定期で開催☆仙台ガイダンス~留学について、個別の相談会です