海外大学進学の際も高校の授業をしっかり受けないといけない理由とは?

こんにちは、ヒューマン国際大学機構の西村です。

20150517011022_deco


 

◼︎海外大学進学って入試はないと聞きました、本当ですか?

→はい、ありません。

 TOEFLという英語の試験を受けて頂き

 そのスコアによっていける大学を探していきます。

 

◼︎高校では英語の勉強だけ頑張っておけばいいですか?

→いいえ。

 

海外大学進学の時には高校での成績である評定平均(GPA)が必要になります。

 

GPAがいいと何がどういいのでしょうか?

→海外大学進学後に返済義務のない奨学金を獲得できる可能性がある

→目指せる大学が増える

 

日本の高校の教育はとても大事です。

数学の授業は優れていますし、留学したら世界各国の学生と関わるため、世界史日本史もしっかり学んでおいた方がいいですよね。

 

◼︎でも、海外大学進学のために準備をしていたら高校の授業と両立できるの?

→HIUCヒューマン国際大学機構には

高校生のみなさんが高校に通いながら海外大学進学の準備ができる

海外大学現役進学コースがあります!

 

このコースは、高校の勉強に支障が出ずに準備をしていただける

プログラムになっています。

 

部活動が忙しい、バイトで忙しい、習い事があって。。

 

そんなみなさんも、海外大学進学は目指せます!!

 

だったら興味あるな、という方は情報収集をしに

校舎見学カウンセリングを受けて頂けますよ。

 

行動力が留学成功に繋がります。

 みなさんにお会い出来るのをお待ちしています。

 カウンセリングに興味》》》無料カウンセリング

海外大学担当者が来日!》》》ニューヨーク州立大学説明会

大阪以外でも留学説明会開催中》》》全国ガイダンス

 

前へ

秋学期も終盤☆プレゼンテーション&学期試験です!

次へ

ニューヨーク州立大学オネオンタ校説明会@HIUC大阪校