交換留学をするか、大学編入をするか

4c5ad476

こんにちは、ヒューマン国際大学機構の佐久間です。
僕は海外大学へ日本の大学から編入をしました。
ただ、大学生の方には大学に在籍しながら交換留学という制度もあります
どちらの留学方法についてもメリット、デメリットはもちろんありますので、
今回は留学の違いについてお話させていただきます。
交換留学とは
日本の大学から海外大学に派遣留学という形で行くので、
日本の大学に在籍しながら海外留学ができます。(うまく単位移行ができれば日本3年+海外1年の計4年で卒業できる)
また、大学によっては日本の大学へ学費を支払えば海外大学の学費は免除になるので経済的に海外へ留学できます。
正規留学(海外大学編入)とは
海外大学生になるので、交換留学よりも長期で海外に行くことができます。
大学の学部に入ることができるので、専門性の高い授業を受けることもできます。

Learn04

交換留学のメリットといたしまして、日本の大学に在籍したまま海外に行けるというメリットがあります
ただ、交換留学の目的として、英語力の向上という点が大きいので、一般教養レベル(大学1・2年次のレベル)のじゅぎょうしかとることが難しいという点が挙げられます。
また、交換留学については大学毎の選抜試験を通らなければ進学することができないので、
絶対にいけるという確約がない点もあります。
一方海外大学へ進学した場合、自由に授業をとることができるので、学びたい分野を自分の好きなように学ぶことができます。
もしあなたが将来海外のご留学をお考えということであれば、
下記の説明会にご参加ください!

前へ

HIUC提携校アメリカ大学担当者来日!

次へ

新しい留学カウンセラーのご紹介★航空会社でCA・GSの経験あり!★