英語でなんて言う?海外で使える簡単表現【基本表現①】「行く/来る」

こんにちは。

留学カウンセラーの金保です。

 

Img_4742

今まで「行く」と英語で言いたい時はgo「来る」と言いたい時ときはcomeを使っていませんでした?

 

これからはもっと柔軟性を持ってネイティブの学生が使う英語を覚えていきましょう!

 

もちろん、多くの場合はgocomeを使って表現します。

例えば、

①「こっちへ来なさい」だと【Come here!】となりますし、

②「買い物に行ってきます」だと【I’m going shopping.】となりますよね!

 

ただ、こんなシーンはどうでしょうか?

あなたは今じぶんの部屋にいて、お母さんが「Aくんご飯できたよ〜」と呼んでいます。その時、「は〜い、今行く〜」と返事したことありませんか?

その時、何ていうかわかりますか?

いつも通り「行く」だから【I’m going~】と言ってはいけません。

ここではなんと、I’m coming~と言うんです!!

Come

留学中にこの【go】と【come】の違いを教えてもらいました。

【come】が「話題の中心に向かっていく」イメージに対して、

【go】は「離れていく、自分の手の届かない」イメージだそうです。

Usosdecomeygoeningles

あともう一つ、【go】や【come】を使うときに、前置詞【toを使う事多くないですか?

この前置詞【to】使うときと使わないときにはルールがあります。

 

③「ディズニーランドに行っています。」だと【I’m going to Disneyland.】

④「学校に行っています。」だと【I’m going to school.】

⑤「買い物に行っています。」だと【I’m going shopping.】

 

今までの例文も含めて前置詞【to】を使うタイミングはわかったかな?

 

それは前置詞【to】の後に「行き着く先が示されているかどうか」です。

Go

「買い物」は 場所 じゃないですもんね。

前置詞【to】を「〜へ、に」と日本語で覚えていたらわからないことも多いので、気をつけましょうね!

 

留学に行く前に現地の英語にも慣れておくと行ってから、「この子英語知ってるな」と思われて友達になりやすいし、遊びに誘われやすくなりますよ!

他にもたくさん知らない日常英語がたくさんです。

なんでも留学カウンセラーにご相談ください!

こちらから

前へ

海外大学現役進学科夏期合宿@千葉幕張 Vol.3

次へ

夏合宿も最終章☆英語漬けの毎日でした!