留学経験者からのアドバイス:海外留学で挑戦してほしいこと

こんにちは、ヒューマン国際大学機構の佐久間です。

936910_629517543742516_122871612_n1

海外留学する際、多くの方は英語力をつけて、海外の人としゃべれるようになりたいと考えていると思います。
実際に現地で生活することが一番語学力が向上するということは確かです。
ただ、それをより効率的に向上することができれば、将来海外で働くことができる英語力だったり、ネイティブ並みの英語力向上につながります。
留学中に何に挑戦すれば英語力が増すのか下記にまとめてみました
①ネイティブの友達を増やす
留学生の友達だけではなく、現地の人たちと多く交流することにより、英語を使う機会が増えますし、英語を教えてもらうことができるので、ぜひ多くの友達を作ってください。
②ボランティアなどに参加する
特にアメリカではボランティアが盛んです。友達を作るためにも現地の人が参加するボランティアに参加したり、もしホームステイ先の家族が教会に行くということであれば、一緒に行ってみましょう。
③友人とルームシェア・ハウスシェアをする
渡航後すぐにはなかなかハードルが高いのでおすすめはしませんが慣れてきたら現地の友達と一緒にルームシェアをしてみるのもお勧めです。友人と協力して英語で生活をすることになるので、英語力は確実に向上します。
④海外でアルバイトに挑戦する
もし大学に在学していれば週に20時間までキャンパス内でアルバイトにちょうせんできます。(アメリカの場合)英語で仕事を行うことになるので、生の英語を使うことになり、留学を終えたあなたの英語力はただ留学した人よりも格段に向上します。
⑤インターンシップに挑戦する
④と同じように海外で仕事を行うことができます。アメリカの場合、多くの企業では日本と違い、正社員と同じような仕事を任されます。英語力向上のほか、仕事を行った経験も身につくのでおすすめです。
僕は海外大学に進学して、アメリカに4年間暮らしていたのですが、上記のことが挑戦できるようになったのはやはり3年目くらいからでした。(海外に行く前の英語力は皆無でした。。。)
留学する目的、行ってから何をするのかが留学には必要とよく言われますが、実際は渡航した後に何をしたかが大切だと思います。
留学の経験はみなさんの人生に大きくかかわってきます。僕は英語を学びたいと感じたらすぐに留学に挑戦するべきだと思うのですが、留学をしたときに多くのことに挑戦するからこそ将来いろいろな道が開けると思います。
長期の留学は英語力の向上につながりますし、留学を長くすればするほど何かに挑戦できる機会が増えます。海外大学への進学は一番長い留学の方法です。将来のために海外大学への進学を考えてみませんか?
説明会のご予約はこちら

前へ

HIUC海外大学提携校(留学)【アメリカ編】Part-12

次へ

Final Week is Coming!! 夏学期最終週に突入!