HIUC海外大学提携校(留学)【アメリカ編】Part-13

HIUCの提携校紹介第13弾です!

■ワシントン州立ベルビューカレッジ

ワシントン州立ベルビューカレッジは、1966年に設立された公立の2年制大学で、2009年より4年制プログラム(学士号課程)が併設され、ベルビューコミュニティカレッジからベルビューカレッジに改名されました。現在は、約13,700名の学生が在籍しています。マイクロソフト社等からの寄付やワシントン大学との共同研究でハイテクセンターを建設中ということもあり、コンピュータサイエンスやインフォメーションテクノロジー等の専攻に力を入れています。経済・経営学、刑事学、インテリアデザイン、看護学等50以上の専攻があり、各分野で企業インターンシップが義務づけられ実践力が身につきます。4年制大学編入プログラムも充実し多くの学生が編入しています。ベルビューは、人口約100,000人のワシントン州第4の都市で、隣接しているシアトルのベッドタウンとして急成長しています。教育水準も高く、アメリカ全州の中でもっとも治安が良く、きれいな都市として知られています。

Photo

ワシントン州立ベルビューカレッジ

■ワシントン州立タコマコミュニティカレッジ

ワシントン州立タコマコミュニティカレッジは準学士号を取得すると同時に、スキルを身につけて就職を目指す学生にも、4年制大学編入を目指す学生にも高い水準の教育を提供している公立2年制大学です。1965年の開校以来、地域に根ずくコミュニティカレッジとして“開かれた大学”を目指し、高等教育の普及に貢献しています。シアトルから南に約35マイルに位置し、144エーカーに、教室・コンピュータルーム・図書館・ギャラリー・体育館・劇場・ブックストアなど25の建物があります。都市部へのアクセスの良いキャンパスで学生生活を送り、スポーツやクラブ活動を楽しむことができます。

Photo_2

ワシントン州立タコマコミュニティカレッジ

前へ

【HIUC大阪校】夏の留学イベント2015

次へ

海外留学の注意点~何を海外に持っていけばいいの??~