海外の大学に行って出来ること:アルバイトについて

こんにちは、留学カウンセラーの佐久間です。

今回は大学在学中のアルバイトについてお話させていただきます。
実は海外の大学に在学される方は留学生であればアメリカでもアルバイトにチャレンジすることができます!
働ける場所は大学のキャンパス内に限定されるのですが、現地の学生と一緒にお仕事をすることができるんです。

4c5ad476

僕の友人は大学内のカフェテリアで調理スタッフとして仕事をしていました。驚いたことは、その子は僕より英語をしゃべることが苦手だったんですが、アルバイトを通して学生と話すことが多くなったので、半年後くらいには僕より英語を話すことができるようになっていました。

3

働けるものの例としては上記でも書いたようにカフェテリアや図書館のスタッフ、日本語がしゃべれるのであれば日本語のチューター(日本語を現地の学生に教えてあげる仕事)、教授のアシスタントなどがあります。
また、キャンパス外でも仕事をする経験がほしい!!ということであればインターンシップを行うこともできます。
日本の大学生が行うインターンシップと違ってほとんどの会社では実際の仕事を経験できます。僕の友人はそこでホテルに約半年勤めていました。そこでは実際にベルやフロントの仕事を行い、お給料をもらいながら職業経験を重ねていました。

Photo

大学の授業以外の経験によって自分のやりたい仕事を見つけることができるので、アメリカの大学はおすすめなんです!
海外大学の体験談はHIUCの留学説明会でお話しさせて頂きます。
説明会のご予約はコチラ

前へ

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学デルハイ校)観光学専攻◆5月に卒業!②

次へ

英会話ではない!私が国内準備を勧める理由