日本と海外ではこんなにも違う!?海外で通用しない日本の常識

こんにちは。留学カウンセラーの金保です。

Photo

今回は「日本と海外の当たり前の違い」について話したいと思います。

 

日本にずっと住んでいると、自分が無意識に当たり前だと思い込んでいることに

なかなか気づく機会がありません。

 

でも、海外に留学すると、それまで常識だと思っていたことが通用しないという経験をす

る人がほとんどです。

 

例えば、

お茶碗を持ち上げてはいけない、食事中使わない手を膝に置いておくなど、日本では

行儀の悪いことが、アメリカではマナーとして根付いているのです。

 

他にも、

「裏ピース」は欧米で相手に対して弓を引くことを表すポーズとされ、かなり強い挑発

の意味となってしまう…

親指を立てて「グッジョブ」を表現する人もいますが、これはある地域では最大の侮辱なん

です…

 

これらはほんのごく僅かにすぎません。

良い意味と思って使っても相手には悪い意味で伝わることもあるのです。

Photo_2

 

「普通」って何だろう? 「当たり前」って何だろう? 「常識」って何だろう?

 

そんなことを日々考えざるを得ないのが、海外留学という「異文化体験」であり、

これまでの自分に疑問を持ち、いろいろ考えることで、視野を広く持てるようになるのかもしれま

せん。

 

海外に行きたいと思っている方、何でもわからないことがあればご相談ください!

前へ

プレゼンテーションとライティングの授業の成果とは!?

次へ

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学デルハイ校)観光学専攻◆5月に卒業!②