海外へ留学する方法、長期で海外留学を考える

皆さんこんにちは、ヒューマン国際大学機構の田中です。

Tanaka

今回はお問い合わせの多い長期留学についてお話させていただきます。

 

長期留学の種類は大きく分けて下記の3つがあります。

  1. 語学留学:海外の語学学校に行き長期間英語の勉強をする。
  2. 交換留学:大学が提携している海外の大学に留学する
  3. 正規留学:海外の大学に進学する

 

このほかにもワーキングホリデーファームステイなどがありますが、英語を学びに海外に行くということを考えるのであればこの3種類が主要な留学方法になります。

 

実は私は3番の選択肢を選び、海外の大学を卒業したのですが、このブログを見ている方で将来就職につなげる留学をしたいということであればおすすめは正規留学です。

4c5ad476

将来英語を使って仕事をしたいと考えている方に、国内の英語系学部海外の大学どちらのほうが英語は身に付きますかという質問をよくするのですが、答えはもちろん海外に行ったほうが良いです。

もちろん英語を使った仕事を考えているのであれば、国内大学を卒業するよりもより高い英語力がつくので有利になりますまた、海外の大学を卒業したとしても国内の大学をした方と同じように学位が取得できるので、就職活動が不利になるということにはなりません。

また、海外の大学を卒業するこいうことは、英語と同時に専門分野の勉強もしているということが就職活動時にも伝えることが出来るので、日本の学生よりも自分の強みを増やして面接に挑むことが出来ます。

 

英語力をつけて将来の就職活動を有利に進めませんか?

前へ

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学フレドニア校)幼児教育学③

次へ

募集定員残り僅か!!HIUC東京校海外大学進学科