HIUC修了生紹介(海外大学卒業後海外勤務)③

10834162_10152860640718996_710263_2

中川雅俊さん
徳島県立脇町高等学校出身
海外大学進学科2006年4月期生

2007年にHIUC提携校のDelaware County Community Collegeに進学し、その後University of Central Oklahomaに編入し、人材マネジメントを専攻。
卒業後の現在はシンガポールでコンサルティング営業を行っています。

HIUC修了生紹介(海外大学卒業後海外勤務)②はこちら>>>

⑪実際に働かれてみて感じられたこと、気付かれた事をお教えください。
やはり主張する大切さは、海外で働くには必要であると日常的に感じます。主張しないと、意見がない又はどうでもいいのかと勘違いされてしまいます。社内ミーティングの際、お互いの意見を尊重しつつも、自分の意見を主張し、議論を交わして折り合える点を見つけ出していくことがそれぞれの仕事に抱く考え方を深く理解することに繋がると感じます。また日本企業と比べ、周りの目や声を気にする人が少ないという印象も感じます。

⑫現在のお仕事の中で、留学して役立っていることがあればお教えください。
つい先日行われた展示会で、プレゼンテーションを行わせて頂きました。大学時代以来のプレゼンテーションでしたが、留学して身に着けた何事も挑戦してみようという気持ちのおかげで、昔みたいにビビらず落ち着いてプレゼンテーションを行うことができたと感じています。現在の職場では様々な国籍のスタッフが働いており、留学して身に着けた異文化への理解は、ひとり一人を理解し、人間関係を円滑に進めるうえで役立っています。また言うまでもありませんが、英語でのコミュニケーションやはっきりと自分の意見を主張することは毎日の仕事で大いに役立っています。

10834162_10152860640718996_71026313

⑬HIUCで学んだことで、留学中役立ったことがあればお教えください。
授業や課題に取り組む姿勢、積極的に発言すること、英語でのコミュニケーションなど数をあげればきりがないです。(笑)

⑭今後の目標・抱負をお聞かせください。
現在働いている会社は、業界的にアメリカや欧州地域では名が知れていますが、アジア・太平洋地域のマーケットではまだまだ成長途中の企業です。そのため、アジア地域のセールス拡大に貢献することが今の一番の目標です。毎日の仕事の積み重ねや業界内で何が起こっているのか察し、敏感に顧客ニーズを汲み取れるよう頑張っていきたいと思います。

Dsc_2431

⑮留学を目指している後輩へのアドバイスをお願いします。
応援してくれる周りの友達や家族に感謝しながら、自分自身の可能性を信じて頑張ってほしいと思います。留学は楽しいことばかりではなく、正直つらいこともあるけど、自分自身の軸を見失わなず前向きに取り組んでいけば大きく成長できると思います。私自身はどうだか分かりませんが。。。

前へ

【外国語大学や外国語学部出身の方】海外大学編入学説明会

次へ

国内大学と海外大学どちらが良い?!