外国人に聞く日本の良し悪し

こんにちは、留学カウンセラーの中島です。

Photo

今回は、2回にわけて海外に行ってわかる日本の良さ・外国人に聞く日本の良し悪しについてお話ししたいと思っています。
※個人差がありますので、あくまでも私個人の意見です。

今更ですが、私は海外が大好きです。

今までも留学や旅行でアメリカ、オーストラリア、フランス、スイス、トルコ、台湾、韓国といろいろな地域に行ってきました。

なので、世界各国にとても親しくいまでも連絡を取り合っている友達がたくさんいます。
中には、あまりに日本が好きでVISAを取って現在日本で働いている人もいます。

Photo_2


つい先日、アメリカ人の友達が日本へ来たので再会しました。

その友達に、改めて日本(人)の良し悪しを聞いてみました。

■まずは良いと思ったこと・・・

・食事
・清潔感
・親切な対応

食事は私自身も実際アメリカに留学中、感じたことです。
特に白米。お米の質が違います。今までは、朝食はご飯よりパン派だったのですが、帰国後は完全にご飯派になったぐらいです。和食が大好きな私にとっては、アメリカに行って唯一困ったのは日本食でした。その友人も、何を食べても新鮮で美味しいし味付けも醤油ベースで健康にも良いと高評価でした。ただ納豆が苦手な友人は多いです。

そして次に、清潔感というのはバスや電車など交通機関のクリーンさもですが、友人は何よりもウォシュレットに感動していました。初めは皆、使い方が分からずに戸惑うそうですが、使いこなせたら母国に持って帰りたいと言っていました。どこの国に行ってもトイレがここまで綺麗でおしゃれな国はないと!

Photo_3


そして親切な対応とは
彼が道に迷い困った様子でいると、ほとんどの人が心配そうに声をかけてくれたそうです。またお店の接客がとても礼儀正しく、おもてなしの心が感じられると。お水がなくなりそうになった時にはこちらから声をかけなくてもついでくれたり…お箸を落としたらすぐに新しいものを持ってきてくれたりと、顧客への細かい配慮が徹底していると言っていました。

などなど、実際に日本を離れて気づく、客観的に見て感じる日本の魅力はたくさんあって面白いですね。


次回は、逆に困ったことを聞いて見たのでそのお話をしますのでお楽しみに☆

前へ

海外大学進学科の学生の取材の様子

次へ

本科:リスニング&スピーキング授業