海外大学卒業後、キャビンアテンダントに!Part-3

10808374_10201902847771895_33872214

雪村 美来さん
島根県立益田高等学校出身
HIUC海外大学進学科2008年度
ニューヨーク州立大学デルハイ校留学
エティハト航空客室乗務員勤務

⑪ 実際に働かれてみて感じられたこと、気付かれた事をお教えください。
同じ業種の仕事でも働く国を変えることによって、全然違うなと感じました。
まず私は大前提に接客の仕事が大嫌いという概念がありました。私は、ヒューマン国際大学機構に在籍していた18歳の時、カフェでホールスタッフとして働いていました。おこずかいを稼ぐために仕方なく働いていました。その時、私は接客業には向いてないから絶対に違う業種で仕事しようと心に決めていました。そのくらい接客業に対して苦手意識を持っていました。ですが実際、私は今の仕事が大好きです。それは、会社が私たち客室乗務員に求めるサービスの考え方が全然違うからです。例えば、ほとんどの日本の会社はお客様に対して接客は’お客様は神様’といった考え方がありますよね。一方で、エティハド航空は、お客様と対等であり、友達のような安心感を与えるということをとても重要視 しているように感じました。人によって接客業に対する考え方は違うと思います。ただ、私はエティハド航空の接客に対する考え方が合っていました。お客様との距離が近く、毎回フライトを楽しんでいます。私のように、誰とでも壁を作らずお話をするのが大好きだという人にとっては、エティハド航空での客室乗務員が向いていると思います!!

10805187_10201902800810721_74983776


⑫ 現在のお仕事の中で、留学して役立っていることがあればお教えください。
私は留学したおかげで、コミュニケーションの取り方が前より上手くなったと思います。私はLAとNY、約2年半年間アメリカへ留学していました。その時、たくさんの人達に出会いました。学校の教授、クラスメイト、大好きな友達、大切な人。たくさんの現地の人達と話をするこにより、英語の上達に繋がると思います。

⑬ HIUCで学んだことで、留学中役立ったことがあればお教えください。

HIUCで学んだことで留学に役立ったことは、忍耐力がついた事です。HIUCに在学中、日々たくさんの宿題があり、当時英語の勉強が嫌いだった私にとって修行のように辛かったのを今でも覚えています。
ですが、そのお陰で、大学に入ってからは宿題の多さにビビることなくこなせたと思っています。

⑭ 今後の目標・抱負をお聞かせください。
今後2~3年は今の仕事を続ける予定です。せっかくインターナショナルな環境で働いているので、たくさん友達を作り、毎日楽しみます:) 私もまだまだやりたい事はたくさんあります。その為の勉強も続けて行きます!

10805293_10201902847811896_12678649

⑮ 留学を目指している後輩へのアドバイスを。
こんにちは。留学を控えてみんなワクワク、ドキドキしていると思います。私はNYの大学へ留学して、考え方、価値観、すべてが変わりました。そのくらい、留学には行く価値があります。19歳まで自分の夢、やりたい事もなく、ただなんとなく生活していた女の子が今では自分全快にして夢に向かって毎日楽しく生活しています!もちろん、行ってからは自分次第なのでself managementを忘れずにね!留学する前にやりたい事が決まっていなくても大丈夫!私もそうでした。夢を抱いて毎日頑張ってる友達が多い環境の中で一人、不安でした。でも、あなたもきっと見つかる!見つける!!と自分を信じていきましょう。しっかり勉強して、そして毎日楽しんで下さい:D 


最後まで読んで下さってありがとうございました。
では、have a wonderful day.

 back number 

海外大学卒業後、キャビンアテンダントに!Part-1 こちら>>>

海外大学卒業後、キャビンアテンダントに!Part-2 こちら>>>

前へ

留学カウンセラーのご紹介:大阪校 坂口 大城さん

次へ

「名古屋&福岡」 11月30日(日) 海外大学進学説明会開催のお知らせ