【HIUC大阪校】海外大学現役進学科2014年10月期生がスタート!

海外大学現役進学科2014年10月期生は、高校に在籍しながら留学準備を進めて行く「遠隔通信+ワークショップ」のプログラムです。

国内トレーニングは約半年であり、進学時期や英語力によって変わってきます。現在の生活スタイルを変えずに確実に海外大学進学への準備を整えることができます。海外大学現役進学科では、ESL(集中英語講座)教育を用いて学生の英語力の向上をはかり、各大学でのサマープログラムまたは秋学期からの正規授業に備えます。

10月19日(日)に海外大学現役進学科2014年10月期生の第1回オリエンテーションを実施しました。来年の留学に向けて、高校または大学に在学しながら、遠隔教育やワークショップ(ライブ授業)を来年4月まで受講します。

Dscn7600

Dscn7599

第1回オリエンテーションはプログラム詳細をはじめとし、留学手続きの流れ、授業内容、遠隔教育システムF-LAPの使用、タブレットでの動画視聴方法についてです。

出席した学生や保護者の方々は真剣に聞きながら、メモを取ったりと。英語の勉強ができるか不安もある中、説明を一生懸命聞いていました。同じ目標を持った仲間と一緒に来年の留学に向けて、妥協せず、勉学に励んでほしいと思います。

Dscn7608

海外大学現役進学科2014年10月期生の皆さん!スタートしました☆高校(大学)とHIUCの学習との両立は大変ですが、学習計画を立てて、効率よく勉強して行きましょう!

前へ

「10月29日@大阪」ワシントン州立エバレットコミュニティカレッジ来日説明会

次へ

京都大学からプロ野球≒スタンフォード大学からメジャーリーグ