『私との出会いが大きなきっかけに・・・』ルームメイトとの繋がり

こんにちは★ヒューマン国際大学機構の中島です!

私はアメリカに留学中、キャンパス内の寮に現地の学生と一緒にルームシェアをしていました。

初めは『相性が合わなかったらどうしよう…』『細かすぎたり適当すぎたら一緒に生活する上では大変だろうな…』『言語の壁はどう乗り越えよう…』などと様々な不安を抱えながら渡航しました。

168618_144502598937526_2555141_n
しかし、その様な不安とは全く異なる最適なルームメイトでした。歳は2つ上で大学から車で2時間ほど離れたところが実家のアメリカ人でしたが、全く細かくもなく、だからと言って雑でもなく私にはちょうどいいぐらいでした。性格も優しく、とても真面目でいつも小説を読んでいる読書家な女の子でした。

彼女が洗濯物を洗うときには、『彩花も何か洗うものない?一緒に洗うよ?』と声がけしてくれたり、夏休みに寮が閉まる事になった時には、彼女の実家に1週間ホームステイをさせてもらって一緒にXmasパーティもしてもらい、家族全員で快く向かい入れてくれました。気づけば姉妹のような関係性を築くことが出来、日本へ帰国の前夜にはお互いに寂しさから朝まで泣きながら出会った頃からの想い出を語り合っていました。 

269928_187550524632733_5161759_n
そんな彼女と、今でもずっと連絡を取っており、現在アメリカで幼稚園の先生をしているのですが、先日来たメールに、『I am planning on finding a job teaching English in Japan next year! My goal is to be in Japan by fall 2015. I'm going to apply for a program that hires people to teach in Japan for a year, so I'm trying to get letters of recommendation for it.(来年を目処に日本で英語の先生が出来る仕事を探していて、秋までには1年ほど働けるようなプログラムに申し込むところだよ。)』と書かれていました!

 

彼女にとって、私が初めての日本人でその出会いが彼女の人生においてとても大きな影響を与えたみたいです。

私が帰国してからは、日本語も独学で勉強し始め、お金を貯めて今の仕事も辞め、ついに来年日本で仕事を見つけようとしています。

4・5年振りの再会になるわけですが、彼女と私の間には硬く結ばれた友情関係があり、その関係を帰国してからも、ずっとマメに繋げ続けていました。

168344_144554605598992_8018327_n
留学中に私の母親から日本食をアメリカまで送ってもらっており、その時に一緒に食べた日本食(とは言ってもカップラーメンとかお茶漬けですが…)を生で食べたいとずっと夢を見ながら過ごして来たので、今からどんなところへ連れて行ってあげようか考えるだけでワクワクします。

 

留学では、一生の親友が出来ます。

積極的に行動し、ひとつでも多くの繋がりを作ってください。

前へ

HIUC修了生紹介(ニューヨーク州立大学フレドニア校留学中)Part-2

次へ

海外大学現役進学科夏期合宿@HIUC大阪校