海外で生み出された格言や名言から感じ取る英語の奥深さ

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

C8018791 

今日はいつものブログとは一味違うのですが、「英語になることで深みが出る格言」を紹介したいと思います。日本でも多くの格言や名言がありますよね。

 

人生において

最も大切な時

それはいつでも

いまです

―相田みつを―

 

何でも思い切ってやってみることですよ。

どっちに転んだって人間、

野辺の石ころ同様、

骨となって一生を終えるのだから。

―坂本龍馬―

 

もちろん、海外でも多くの名言や格言が生まれ、それを英語で聞くことによって頭に残っている人も多いのではないかと思います。

 

If you can dream it, you can do it.

(夢を見ることが出来るなら、それは実現できる。)

―ウォルト・ディズニー―

 

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは不可能に思えるものである。)

―ネルソン・マンデラ―

 

If you want to be happy, be.

(幸せになりたのなら、なりなさい。)

―トルストイ―

 

Indecision is often worse than wrong action.

(決断しないことは、時として間違った行動よりたちが悪い)

―ヘンリー・フォード―

 

In the middle of difficulty lies opportunity.

(困難の中に機会がある。)

―アインシュタイン―

 

などなど、もっと数え切れない格言や名言もあり、皆さんももっと知っている言葉もあるはずです。こういう簡単な単語で重みのある言葉は頭にも残り易いし、英語の勉強にもなりますよね。

 

皆さんも受験勉強などの息抜きにモチベートされる格言を英語で学習してみてはいかがでしょうか?

前へ

夏の留学イベント~夏休み留学研究会のお知らせ~

次へ

【HIUC修了生】イギリスの大学留学・映像作家/イラストレーター3