アメリカで舞台芸術を学ぶことについて

こんにちは、ヒューマン国際大学機構の小坂です。

 

本日は私が勉強していた舞台芸術学部についてお話させて頂きます。

 

Theatre

舞台芸術学部の中には、演技、演出、脚本、音響、照明、衣装デザイン等、様々な分野があります。私は演技を集中して学ぶコースに所属していました。

 

演劇学部は、実はかなり高い英語力が必要とされます。また、読む量と話す量がかなり多いので、英語力がとても伸びる学部でもあります。

 

沢山脚本を読み、覚えて、またきれいな発音で演技をする必要がありますし、アドリブで演技を進めていくクラスでは、相手役の言った事をすぐに理解して、返さなくはなりません。進学前から少しでも英語力を高めていく事がとても大切です。

 

アメリカの演劇学部時代には、チリの名門大学と一つの作品を完成させ、ニューヨークとチリの首都サンティアゴで公演したり、中国の北京オペラの劇団が学校に2週間滞在してレッスンを受けたりと、日本ではなかなか出来ない経験をしました。

Theaterartsheader

舞台芸術にご興味のある方は、是非一度ご連絡下さい!

 

小坂

 

前へ

夏休みに進路を決める!~海外留学進路相談会情報~

次へ

東京校学生の進路カウンセリングがスタートします!