東京校学生の進路カウンセリングがスタートします!

ヒューマン国際大学機構ではこの時期、個別で進路カウンセリングがスタートします!

皆さんの希望の大学や時期、学生一人ひとりが、それぞれの希望、適性および保護者の条件にあった最適な大学に進学できるようにするようにプレースメントを行います。

海外の大学へ入学することよりも、適切な成績を維持し、卒業することが大切な海外の大学。

特に転編入が一般的に行われるアメリカでは、転編入前に在籍している大学または短大の学業成績が最も重要視されるため、はじめに進学する大学は、学生の能力や適性を考慮して選ぶことが大切です。

留学先の決定は

まず①どの国に留学したいのか、②どの地域に留学したいのか、③どのような専攻をとりたいのか④取得したい学位は何か?

を決定する必要があります。

その次に学生の能力

①英語力②学業成績③実技能力(音楽などオーディションがあるため)

また保護者の条件。

また提携進学校に進学する場合にはその条件も様々になってきます。

進学カウンセリングではこのように留学にかんする相談は各学期に一回実施されておりますが、学生の希望によっては、事前申し込みによって随時行っております。

皆さんが最適な留学生活を送れるようしっかりカウンセリングおこなっていきますよー!

Dsc_4457

HIUC学務




前へ

アメリカで舞台芸術を学ぶことについて

次へ

留学斡旋(あっせん)業者とヒューマン国際大学機構って何が違うの?