『14歳でカナダの名門大5校に合格、大川翔さん「世界の謎解いてみたい」』

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

先日、新聞に以下の記事が載っていたので一部、ご紹介します。

C8018791 

『14歳でカナダの名門大5校に合格、大川翔さん「世界の謎解いてみたい」』

12歳でカナダの高校に飛び級進学し、14歳の今年、同国の名門大学5校に合格した。9月からブリティッシュコロンビア大科学学部に進学する。3万カナダドル(約285万円)の奨学金と研究助手の仕事も提供される破格の待遇だ。

 両親の仕事の関係で5歳のときカナダへ。9歳でギフテッド(天才児)と認定され、学校とは別の特別教育を受け始めた。ライティングコンテストで優勝し、書店の書評委員も務めた。

 「日本にも、僕みたいな人はたくさんいる。ギフテッド教育や飛び級の制度がないので表に出てこないだけ」。9日には下村博文文部科学相と対談し、カナダの教育について説明した。

 高3の成績は主要科目がほぼ満点。小学生に日本語を教えるサマーキャンプを企画するなど、ボランティア活動にも積極的に取り組んだ。

 大学入試は、理系科目が得意な年上の中国人学生たちとの戦いでもあった。「僕の周りに日本人がいないので、どうしても日本代表という意識があります」

歴史の授業で、日本が国際連盟規約に人種差別撤廃条項を盛り込むよう主張したことを知り、誇らしかった。カナダでは自分の国がいかにいい国かという教育を施し、町中に国旗が翻る。日本に戻ると、国旗がなかなか見当たらない。

 「大学に早く進もうと思った理由のひとつは、世界の謎を解いてみたいという野望です」。生化学と素粒子物理学の融合に関心を寄せている。

 「宇宙の成り立ちや、アルツハイマー、がんなどの治療法を探求したい」。夢はカナダの大自然のように果てしない。(7月13日産経ニュースより抜粋)

 3

本当にすごいですよね。

14歳でカナダのトップ大学に合格したことも素晴らしいのですが、彼が下村大臣に言ったひとこと「日本にも、僕みたいな人はたくさんいる。ギフテッド教育や飛び級の制度がないので表に出てこないだけ」に着目したいと思います。

 

今回はカナダのギフテッド教育の真新しさとマギル大学などのトップスクール合格をもとにニュースになったのだと思うのですが、大川くんの上記の一言は本当に日本の教育制度と自分自身の立場をうまく分析出来ているな~って感じます。

Mp9004316621 

もちろん、大川くん自身も本当に優秀でギフテッド(天才児)なのかもしれませんが、天才児でないにしても東大や京大の医学部や法学部など日本の最難関大学に合格している人は、カナダのような教育制度があれば十分に飛び級が出来たり、高額奨学金給付を受けることが出来る日本人も多いのではないかと感じます。

 

ただ単に「勉強ができる」だけでなく、要領よく単位を取得していくことで飛び級をしている日本人も多く、日本の教育制度に雲隠れしてしまっているケースもあり、そこを大川くんが再認識させてくれる表現をしてくれたな~と感じました。

Mp9003874901 

各国には上記のような教育制度やその他にも様々な制度があります。

ヒューマン国際大学機構では各国ごとの教育制度などお話しできる個別説明会も行っていますので、ご興味のある方はぜひご相談下さい!

前へ

HIUC大阪校修了生来校!!

次へ

HIUC提携校【アメリカ編】Part-4