日本とアメリカの大学の違い。

留学カウンセラーの佐久間です。

936910_629517543742516_122871612_n1

今回のブログでは、日本と海外の大学の違いをご紹介します。

 

L_04

僕が日本の大学で経済学を学んでいたとき、一番重要だったことはとにかくテストでいい成績を取ることでした。

ほとんどの大学では、夏休みと春休みの前にテストが行われると思うのですが、そこで頑張ればそれなりの成績を修めることが出来ます。

 

しかしアメリカの大学の場合、日々の出席率授業内でのプレゼンテーション等が成績を決めるうえでとても重要になります。

4c5ad476


 

よく海外の大学は入るのが簡単で出るのが難しいと言われていますが、それはプレゼンテーションなど海外大学で授業を受けるための『カレッジスキル』に日本人が対応できていないからだと言われています。

逆に言えば、『カレッジスキル』をしっかり持っていれば、海外大学での成功をつかむことが出来ます。

 

Features01

ヒューマン国際大学機構ではこのカレッジスキルに焦点を合わせて授業を提供しています。海外の大学をお考えの皆さん、今からどんな勉強をすればいいかよくわからないというお悩みがありましたら、ぜひ一度HIUC説明会にご参加ください!!

前へ

GW特別!留学相談会!!

次へ

学校紹介~ニューヨーク州立オネオンタ大学~part2