自分にあった留学のスタイルを見つけよう☆

こんにちは、留学カウンセラーの馬津川です!

最近高校生の方から留学について資料請求をいただきますが、

みなさんどんな留学が自分にあっているか知っていますか??

 

留学の種類は主に4つあります。

それぞれの特徴を知って、自分にあった留学をみつけてくださいね!

 

【語学留学】

・その言語が話されている国で、語学学校という語学を学ぶ学校で語学の習得を目的として行う留学。

・1か月~1年など期間や渡航の時期を自由に選べる。

・費用は割高で、1か月あたり滞在費込みで20~30万円。

・語学学校を卒業しても資格などはもらえない。

→学歴などは気にせず、言語をとにかく習得したい、という人におススメの留学です。

 

【ワーキングホリデー】

・約1年間、ワーキングホリデー協定を結んでいる国でアルバイトをする留学。

・対象年齢が18歳~25歳、または18歳~30歳と限られている。

・海外経験にはなるが、学歴にはならないため、高校卒業後にワーキングホリデーを行っても高校卒業資格のままになる。日本で再就職をする場合は海外で1年間遊んでいたとみられることもある。

→学校で学ぶのでなく、働きながら海外で経験を積みたいという人におススメの留学です。

 

【交換留学】

・日本の大学の2年次か3年次に約10か月間、国内大学が提携している海外の大学に行く留学。

・留学中は現地の学生やほかの留学生に混ざって英語で授業を取るため、一定の英語力やTOEFLのスコアが必要。

・交換留学できる人数には限りがあるので、大学内での試験に合格しなければならない。

・交換留学中の学費は日本の大学の学費を払い、留学先の学費は払う必要はないが、渡航費や現地での寮費、生活費は負担する。

→日本の大学と海外の大学どちらも行ってみたい、という人におススメです。

 

【正規留学】

・海外大学に入学し2~4年現地の大学で学び、海外大学の学位を取得する。

・海外大学で学ぶため、情報収集やその国の言語をある程度学ぶなど、準備が必要。

・受験や入試がなく、出身高校のGPAやTOEFLのスコア提出をする。

・現地で話されている言語で専門分野を学ぶため、言語+専門分野の知識やスキルが身に付く。

→言語を流暢になるまでとことん身に着けたい!海外で学んだことをお仕事にも生かしたい、という人におススメです。

 

以上が主な留学の種類です。

みなさん自分にあった留学は見つかりましたか?

どの留学をするにしても留学をするには情報収集がとても大切です。

留学にご興味のある方、ぜひHIUCのイベントで情報収集してみてください!!

 

 

 

 

前へ

今週の留学説明会のご案内

次へ

学校紹介~ニューヨーク州立アルフレッド工科大学~part3