センター試験を終えて・・・

こんにちは!

ヒューマン国際大学事項、留学カウンセラーの吉冨国彦です!

C8018791

一昨日、今年のセンター試験が終了しました。今年は「ゆとり教育最後の世代」で、来年以降のセンター試験は出題範囲などが拡大することなどから、今年で何とかセンターで高得点を取得しないと来年以降のセンターでは得点を取ることが難しく、今年に賭ける受験生が多いと新聞などで書いていました。

 

センター試験の結果によって出願する大学を決めるのが日本の大学受験の制度ですが、体調不良やリスニング問題での機材の不調などにより普段の力が発揮できず、模擬試験では取れていたものの、本番では点数が低くなり結果として志望大学にすら出願することが出来ない、というケースもよくあると聞きます。

Mp9003997451 

受験生の中には、いまの自分の持ち点を受け入れて出願する人もいれば、かなり妥協して受かることを最優先に出願する人、妥協せずに1年間辛抱して来年に再挑戦する人などがいるかと思います。

 

いずれにしても受験生からすと社会人になる前の最後の進路選択で、今後の人生がこの2日間で左右されるとなると本当に緊張して、いつもの実力が発揮できない、というのも事実だと思います。

Mp9004221491 

一方、海外の大学では受験や入試という制度はなく、一般的には出身高校の評定平均値とTOEFLという英語のテストのスコアを提出することで入学許可をもらうことが出来ます。TOEFL自体は2年間有効で、何度も受験することができ、取得した中で最も高いスコアで申請できる大学の中から選ぶことが可能です。

 

毎年多くの受験生がセンター試験後にお問い合わせをしてくれるのですが、センター試験の結果を見て妥協して大学を選ぶよりも、海外の大学という全く違う進路ではあるものの、今から進路選択のひとつに増やす覚悟が出来る受験生には、国内外どちらの進路を選んだにしても、自分がイメージするビジョンや夢に近づけるよう頑張って欲しいと思います。

Mp9004014101 

海外の大学は入学することも容易くなく、卒業することも容易ではありません。今から留学に進路を切り替えるにしても決して「逃げ」ではなく、更に高みに「挑戦」する海外大学進学…ただ、海外の大学にはどのような大学や地域があり、どの程度の語学力や費用が必要なのか…分からないことが多くあると思います。

 

ヒューマン国際大学機構では、受験生を対象に海外大学の進学説明会を行っており、また、海外大学に進学する準備プログラムの願書受付も行っています。

 Mp9004388111

センター試験を終えて、海外大学進学を視野に入れ始めている方、まずは新しい海外大学進学という進路に関して情報収集から始めませんか??

前へ

The students are back to school and classes are back to normal.

次へ

海外大学現役進学科在校生紹介