留学生のための就職キャリアフォーラム体験談

こんにちは!

留学カウンセラーの倉田です。

Dsc_0219

今日は、留学生のための就職キャリアフォーラムについて書きたいと思います。

※キャリアフォーラムとは毎年、東京、アメリカ、オーストラリア、ロンドンなどで開催され、多くの海外大学出身者が参加します。

 

今回は、私も参加した事もあるアメリカで開催されるボストンキャリアフォーラムについて書きたいと思います。

Mp9004424521 

毎年、10月頃になると3日間による選考会と説明会が同時に行われ、200社近くの企業が参加します。その内の約8割は日本の大手企業です。

 

ちなみに参加までの流れは以下の通りです。

◆8月~9月… 書類審査。履歴書をwebを通して提出。約10社~15社

◆10月 … キャリアフォーラム当日

 1日目… 7~8社面接&説明会

 2日目… 1日目通過した企業の2次面接、あるいは企業からのディナーのお誘い

 3日目… 内定!

 

このように、早い企業だと3日間で内定、あるいは日本での最終面接の資格を得ることができます。日本よりも選考過程が少なく、短期決戦であるところが特徴です。

私も実際に参加してみて、日本の就職活動と比較するとメリットがとても大きかったと感じています。

Mp9003096141 

◆メリット

・選考日数が少ないため、本来なら3~4ケ月かかる選考過程を短縮できる。

・人事に直接会ってアプローチできる。

・日本での就職活動と比較すると倍率が低い。

・一度に多くの企業を受ける事ができる。

 

◆デメリット

・選考日数が少ないため、入念な事前準備が必要。

・3日間滞在するためのホテル代がかかる。

Mp9004309311 

また滞在中に、こんな発見もありました!

何人もの留学生が面接の予約を事前にしていなくても自分から企業の人に積極的にアプローチして本来もらえないはずの面接予約をもらっていたのです。また説明会では、積極的に手を挙げて英語で質問している留学生の姿を何人も見てきました。日本での就職活動も参加した事があったのですが、そんな光景はあまり見たことがありません。

 

就職活動において、留学生は「積極性」や「交渉力」の面で高く評価されることが多いと言われています。確かに社会に出てみると、外国人と積極的にコミュニケーションを取りながら、周囲を巻き込む力が必要な時代です。

Mp9003874901 

留学生の就職は不利ではないかと考える人もいますが、長期留学で培った人間性をきちんとアピールできれば、一つの武器を手に入れる事ができるのではないでしょうか。

前へ

修了生活躍★

次へ

This term is going very quickly.