進路決定の時期と学習期間

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

今日は「進路決定の時期」に関してお話しします。

C8018791

ヒューマン国際大学機構では高校2年生を対象にした「海外大学現役進学科6月期生」という高校3年生の6月から学習を開始するコースの出願受付を行っていることもあり、多くの高校2年生が情報収集に来ています。

 

説明会に来る高校2年生の中には、海外大学しか考えていない学生や、日本の大学と迷っている学生、本人は海外大学に行きたいけど保護者が反対されている学生や逆に保護者から勧められて説明会に来る学生など様々です。

Mp9004095041_2

説明会では海外大学の概要や希望に合わせた専攻の説明や海外大学進学までの流れなどをお話しさせて頂いているのですが、説明会後にすぐ進路決定をする学生と、決定できない学生がいらっしゃいます。

進路決定の時期は人それぞれで、「いつ決定するか」において正しいことや逆に間違いはありません。ただ、1日でも早く進路決定をすることで1日でも早く準備に取り掛かれることは間違いありません。

Mp9004014101例えば、日本の大学であればセンター試験や各大学ごとの筆記試験、推薦入試であれば書類選考や面接もあります。海外の大学は日本の大学ような受験や入試といった制度はありませんが、TOEFL®という英語の試験を高校卒業頃の願書提出時期までに取得しておく必要があります。

 

「二兎を追うものは一兎を得ず」という諺があるように、TOEFL®という英語の試験ひとつにとっても難易度は高く、日本の受験勉強の片手間に伸ばせるほど簡単なものではありません。

 

そのため、日本と海外の大学の両方を検討している学生こそ出来るだけ早く進路決定をして国内外の入学システムに合わせた勉強を開始して欲しいと思います。

Mp9003997451
日本の大学は受験勉強を早い段階から開始するほど、各大学の赤本対策や模擬試験を受けるなど対策を練ることも出来ますし、海外の大学はTOEFL®のスコアが上がるほど、進学先の選択肢がアメリカ含め世界中に増えていきます。

 

逆に言うと、どちらの選択肢も時間をかけて取り掛かることが遅くなればなるほど、日本の大学も海外の大学も進学できる大学の選択肢が比例して減っていきます。もちろん、悩みに悩んだ末に決めた進路であれば、ゴールが設定されて勉強も集中できるかもしれませんが、勉強時間数と進学率が比例することはもっと否めません。

Mp9003826341

進路決定の時期に関しては相談に来る学生のほとんどが「出来るだけ早く決めたい」と言ってくれますが、先生やご家族の反対もあり悩んでしまう場合も多くあります。

ただ、高校生にとって社会人になる前の最後の進路選択は先生や保護者の方が決めるものではない、と僕は思っています。

もちろん、保護者の方が費用面でサポートをしてくれないと実現しないのが大学進学ですが、保護者の反対や先生の反対も厭わずに説得を続けたり、奨学金を借りて卒業後に自分で返していき、自分の進路は自分で責任を負う、というスタンスで留学している卒業生や学生も多く見かけます。

Mp9003994021
海外大学は日本の大学への進学と比較して「費用が高そう」、「治安は大丈夫なのか」、「留学後の就職ってあるのか」など様々な面で分かり辛く反対を受けるケースが多い進路になります。

ただ、保護者や先生、あるいは友達が勧めてくれた進路で自分主体で決めていない進路に進んで、もし後悔してしまっても誰も責めることは出来ませんし、嫌でも続けるか辞めるしかありません。後悔しないためにも自分で納得する進路決定をして、保護者の方が納得、ご理解してもらえるまで話し合って欲しいと思います。

その上で、ある程度いつまでに進路を決めるのかという「納期」を決めて、国内外含め1日でも早い学習や準備を進めることをお勧めしたいと思っています。

Mp9004388111
最後に、夏休み以降に進路選択の時期が近くになり多くの高校2年生が説明会に来ていますが、1人で説明会に参加している学生は保護者の方から反対を受け留学を諦めているケースが多く、保護者の方と一緒に参加している学生は承諾をもらい、留学に向けて準備を開始しているケースが多くなっています。

ヒューマン国際大学機構では高校2年生を対象にした「海外大学進学説明会」を行っていますので、自分では情報をすべて保護者の方に伝えきれない!と思っている高校生の方、ぜひ保護者の方を誘って説明会にお越し下さい!皆さんの参加、お待ちしています!

前へ

October 21st Blog

次へ

ミニ英語講座11