日常会話では通用しない海外大学への進学

Dsc_0219

こんにちは。

ヒューマン国際大学機構の倉田です!

よく、
海外に行ったら、自然と英語が上達するんでしょ?と聞かれることがあります。

確かに、ある程度の日常会話レベルまでは、聞いているだけで上達するかもしれません。なぜなら日常会話で使われる英単語数は約500単語前後と数が限られており、自然と耳から覚えられる単語数だからです。

Mp9004011311ただし、それは海外の大学や仕事場で通ずる英語力とは言えません。日常会話で使われる簡単な英単語や英語表現を用いているため、聞くだけでは、その先の英語力向上は一時的に止まります。
なぜなら、海外大学で問われる専門的な英語力や、ビジネスの現場で使われるような英単語数は約7000~1万単語と言われていて、日常会話に慣れすぎてしまうと、簡単な英語ばかりが身に付いてしまい、それを繰り返し使おうとするからです。

その結果、英語での発言やディスカッション、プレゼンテーションなどの表現力が乏しくなり、あまり良い成績がもらえないということにもなりかねません。

大切な事は、自分の知らない英単語、英語表現を頭にきちんとインプットさせ、それを自分口や文で使えるようになるまで繰り返し練習する事です。

Mp9004278251
ヒューマン国際大学機構のプログラムでは、インプットとアウトプットをバランスよく取り入れているため、英語力を向上へと繋げる事ができます。


皆さんも活きた英語力を身に付けてバイリンガルを目指してみませんか?

前へ

Fall Term

次へ

ミニ英語講座8