ミニ英語講座10

英語にはそれほど敬語がないですが、やはりdealing with customers(お客さんを対応する)には丁寧な英語が大事です。その中で、お客さんに質問をするときに「would」と「could」をよく使いますね。例えば、「Do you want some more coffee?」(コーヒーはいかがですか?)が、「Would you like some more coffee?」になります。「Wait here please.」(ここで待って下さい)が、「Could I ask you to wait here please?」になります。

以下の文を丁寧な英語にして下さい(正解は次週にお教えします)。
1)What’s your name?
2)Do you want the chicken dinner or beef dinner?
3)Can I call you a taxi?

ところで、英語で接客するときに「OK」という言葉を使うことは、あまりよくないのを知っていますか?丁寧な英語では「OK」の代わりに「Certainly」という言葉を使うと良いですね。
                  
特にレベルの高いサービスを求められているflight attendant(フライトアテンダント)、hotel staff(ホテルスタッフ)、tourism industry(観光業界)などの職種ではpolite English(丁寧な英語)が必要ですね。
             border=0            border=0

先週の正解は:
A gory movie = 血生臭い映画
A spooky old house = 気味の悪くて古い家
A creepy story = ゾッとする話

前へ

アメリカで培った経験を活かし…

次へ

今週の留学説明会のご案内