高校入試でのTOEFL導入とSETについて

C8018791

こんにちは!

ヒューマン国際大学機構、留学カウンセラーの吉冨国彦です。

 

9月20日、大阪府教育委員会が全府立高校の入試で、受験生が希望すれば、英検やTOEFL®のスコアを英語の入試得点に反映させることを決めました。2017年4月入学の受験生から適用する予定で、都道府県立校全体の取り組みとしては全国で初めての試みだそうです。

Mp9004000471
中学3年生までに取得した英検の級数や、インターネット形式で実施するTOEFL iBTなどの点数を一定の割合で換算し、入試で受験した英語の点数と比較して、高い方の点数を最終的な得点と認定するとのことです。

 

英検準1級もしくはTOEFL iBT(120点満点)が60点以上なら、英語入試は満点扱いで、

英検2級もしくはTOEFL40点なら、入試は満点中8割の得点とする方向性だそうです。

中学時代までに培った英語力を適正に評価するとともに、小中学生の英語の学習意欲を高めるのが狙いだそうで、以前にも橋本市長が知事だった時期にTOEFL®のスコアによって高校に給付金を付与する、と打ち出したことも含めて大阪府が英語教育に力を入れていることが伺えます。

Mp9003096141
また、この日の会議では、府立高校でハイレベルな英語教育を行うため、高度な英語力を持つ外部人材「Super English Teacher(SET)」を公募することも決めたそうです。15年度から、進学校を中心とした6〜8校に配置し、段階的に対象校を拡大し、TOEFL®の出題形式に沿った授業を行うそうです。

任期は原則3年で、教員免許を有していなくても府内だけで通用する免許を付与するとのことで、海外の大学で英語教育や教育学を学んだ人や、他学部であっても該当するのではないでしょうか。

 

【中原徹教育長は、会議後の記者会見で「日本の国際競争力の向上を目指す。国際的に活躍できる素質をもった子たちをどんどん伸ばしたい」と話した。】(9月20日毎日新聞より一部抜粋)

 

これまでヒューマン国際大学機構にも「海外の大学で教育学を学びたい」や「海外でネイティブ並の英会話力をつけて、日本で教師になりたい」という相談も多くありましたが、実際に日本の中学や高校で教鞭を執るとなると、教員免許の取得が必須ですが、海外大学では教員免許を取ることが出来ないため、日本に帰国して教職の単位を取得する必要(科目等履修生)や通信教育で学び直す必要がありました。

Mp9004225911
ネーミングは別としても…SETのような制度が拡大してきたら、日本で教職に就きたい海外大学卒業生の需要も一気に増えるかもしれませんね!

ただ、まだまだ海外大学に進学する正規留学の認知度が低いこともあるので、地方自治地帯や政府からでもこのような動きが活発になることを期待したいです。

 

ヒューマン国際大学機構では、そんな教育学に特化した留学の説明会も行っています。

上記の記事を読んで「教育学を海外で学ぶ」ことに興味を持たれた方は情報収集に来られませんか?

 

■教育留学に興味のある方はコチラ(←こちらをクリックして下さい)

前へ

日本人留学生減少傾向!

次へ

ミニ英語講座7