学生インタビュー

ドンコーリビ君枝さん

 

今回は、海外大学編入科を卒業し、海外で頑張っている学生のインタビューです!

 

Q.海外大学へ編入を決めた理由について教えて下さい。

 

「自分の道は自分で決める」これが私の信念。高校2年生のときから海外で仕事をするのが私の夢であり、目的地の1つでもありました。その時から真剣に自分の将来のことを気にし始めました。海外で楽しくできること、、、私はスポーツをするのがとても好きです。特に人にトレーニングを教えるのがとても好きでした。そこで、スポーツトレーナーになろうと決心をしました。スポーツトレーナーは日本ではそこまで活躍しておらず海外の方が仕事も見つかりやすく楽しく仕事ができると思うので、まずはどこからスタートをすればいいのか考えました。英語力をつけないと何も始まらない。パソコンと向かい合い、HIUCを見つけ、すぐに電話をしました。そのとき私は今在籍している大学をやめ、HIUCに入り、海外の大学に留学することを決めました。自分の人生の中ではとても大きな決断でしたが、迷うことはありませんでした。HIUCでは、留学したときに自分が困らないように生徒を育成する学校です。私はここの学校にきて、とても充実した日々を過ごしました。短時間で英語力を身に着けることもできるこの学校は“スゴイ”。でもすべてのクラスを終えて実感できることは、“私は自分で成長した、私はがんばった”です。人に頼って人のせいばかりにしている人は、バスの乗客だが、自分自身でハードルのレベルを上げ、そのハードルを越えていくのはバスのドライバーです。

 

Q.HIUCでの思い出、感想などあればどうぞ!

 

言うまでもないのですが、HIUCでは一切日本語を話してはいけないルールとなっており、自分の知っている知識で相手に伝えながら会話をしなくてはなりません。このことがベースであるため、みんなの英語力が上昇していくのだと思います。たまに英語のような発音でもそれが日本人にしか通用しない言葉などは講師の先生方が注意をしてくれました。このような環境にほぼ毎日いることによって自分の英語のスキルが自然と上がっていきます。授業はとてもためになります。街中にたまに外国人が声をかけてきても恐れることなく話すことができるし、世界が広がっていることが実感できると思います。

 

ありがとうございました。

みなさん、いかがでしたか?

海外には行きたいけど迷っている方、ドンコーさんの経験や意見を参考にしてみて下さいね!もし何かご相談がある方は、個別での説明会を行っています。まずは気軽にこちらまでご相談下さい。

 

前へ

今週の留学説明会のご案内

次へ

学生カウンセリングが始まりました!