日本人留学生減少傾向!

いきなりですが、現在日本人留学生は数が減っています

2004年をピークに徐々に減少傾向となっております。

もちろん少子化という背景が拍車かけ、また内向き傾向の学生が増えているのが現状です。

 

その反面、今多くのグローバル市場に展開しようと思っている企業は海外経験が豊富な学生がほしいと感じている中、留学生の数が年々減少している日本では、グローバルな視点を持っている人材が不足しています。

 

グローバルな視点。これは、海外で生活して初めて養われる力です。机に向かって勉強して英語ができてしゃべれるようなそういったことではありません。

 

以前グローバルな人材獲得のため、キャリアフォーラムに参加していたある企業の人事担当にお話しをうかがったことがあります。

英語ができるできないは、問いません。英語や語学等は後からついてきます。ただグローバルな視点や間隔、またバイタリティの持ち合わせている勢いのある学生がほしい

こんなお話をしておりました。

 

海外経験を経て、重要なのは、留学をしたことで受けた刺激や経験がその学生の人生に大きな影響をもたらせてくれます。

 

また、日本で働く外国人の方もここ数年で大きく変化を見せています。

これも、企業がグローバルな視点の人材を欲しているということです。

もし就職など、将来を見据えていきたいのであれば留学は不可欠な選択肢となっていくでしょう。

 

 

 

 

前へ

東京オリンピック開催決定!

次へ

高校入試でのTOEFL導入とSETについて