ミニ英語講座5

皆さん、「food for thought」という英語イディオムを知っていますか?これは「考えさせること」という意味です。つまり、この場合の「food」は食べ物ではなく、「考えさせる課題」というような意味です。For example(例えば)、環境問題、男女平等、人種差別などのテーマはgives us food for thought

今日はthoughtよりfoodの話しをします。例えば、ホームステイ先でお好み焼きを作るとしたら、作り方から食べ方までホストファミリーと話をし、凄くいい時間を過ごすことができるかもしれません。もし、あなたが海外でhomestay(ホームステイ)をする機会がある、または日本で外国人と遊ぶ機会があれば、EnglishでJapanese cooking partyを是非やってみて下さい。私たちのようにCookingJapanese foodで話が盛り上がると思います。英語の勉強にもなりますしね。
  border=0 border=0 border=0
food(食べ物)の単語を使うけど、他の意味がある英語イディオムは他にもたくさんあります。以下のイディオムがわかりますか?

He is full of beans today.
She is the apple of his eye.
My teacher is as cool as a cucumber.

また来週に正解を教えます!頑張って考えて下さい。

前回の正解は・・・

1)  (C) Please look up this word in your dictionary.
        (辞書でこの単語を調べて下さい。)

2)  (D)   I don’t get on with my older brother.
                  (お兄さんと仲良くない。)

3)  (A)  Throw away all your garbage by tonight. 
        (ゴミを今夜までに捨てなさい。)

前へ

スーパーグローバルハイスクール(SGH)って?

次へ

今週の留学説明会のご案内