海外留学を決意する上で大切なこと

C8018846_2

こんにちは、留学カウンセラーの中島です。

 

今回は、進路決定に悩む学生の方々に、

『海外留学を決意する上で大切なこと』

書かせていただきたいと思います。

(※私の個人的な意見です。)

Mp9004388111
最近、学生さんと話しているとよく、

『本当は留学したいけど、周りに反対されてしまう…』

という相談をよく受けます。

その反対されてしまう理由の一つに、

“親御さんや学校の先生にわざわざ留学する目的がわからない”

と言われるケースが非常に多いです。

Mp9004485801
そう、海外留学において、

大切なのは留学する目的・目標です。

私は高校と大学生の時にそれぞれ留学していましたが、

私も初めは親に反対されていました。

しかし最終的には、目的意識のところで説得し、

行かせてもらえたことを覚えています。

Mp9004025851
ちなみに私は小学生の頃に出会ったフランス人の友人と、

言語の壁なく本当の気持ちをお互い完璧に理解し合いたいと

想ったことがきっかけで『まずは英語の“話す力”をつけたい』と想い、

留学を決意しました。

留学を希望するきっかけはそれぞれ十人十色です。

そのきっかけ=留学の目的・目標なんです。

Mp9003868001
留学する時には、親御さんのご理解を得るためにも、

留学中に挫折しないためにも、また就職活動においても、

その“目的意識・目標”が大切になります。

今の現時点でやりたいことや将来の夢までは明確に決まってなくても構いません。

またその夢が大き過ぎて現実的に難しいと感じるかもしれません。

あるいは海外に行ってから変わることもあるかもしれません。
ただせめて今からでも、海外に行って“2年・4年後にどうなっていたいのか”は

しっかり考えておく必要があると思います。

Mp9004484641
カウンセリングをしていると皆さん素晴らしい夢を持っています。
“パイロットになりたい”
“発展途上国で国際ボランティアがしたい”
“映画監督になりたい”
“自立したい”
“海外の大学の卒業式を味わいたい”

どれも素敵な夢・目標です。
私が高校生の時には考えられないぐらい

皆さんしっかり将来のことを見据えて、進路を考えられています。

Mp9004015221
その目標が、海外に行って家族や身近な友達がいない中、

挫折してしまいそうになった時、勉強が難しくてついていけない時、

人間関係に悩んだ時に『原動力』となるのです。

まだ海外で何が学びたいのかわからない方や、

留学したいけど漠然な方はぜひこの夏休み中に

オープンキャンパスに参加し自分の肌で雰囲気も味わって下さい。

Mp9004067741本学でも海外留学セミナーやオープンキャンパス、交通費支給キャンペーンなど、

この夏休みにさまざまなイベントを行います!

ぜひ親御さんと一緒にお越しください。

留学経験のあるカウンセラーが実体験をお話しさせていただきます。

前へ

大阪府立阪南高等学校での事前研修

次へ

海外大学現役進学科夏期合宿