ミニ英語講座1

日本語には英語からきた言葉がたくさんあります。例えば、コンピュータ、ジャケットなどなど。でもその中で元々の英語の意味が違った、或いは似た意味になる言葉もたくさんあります。つまり(in other words)、そういう単語を英語で言うと、意味が通じないことや違う意味になります。

                        border=0

例えば、日本語では「車のハンドル」と言いますが、英語で「handle」と言うと、「何かを握る」という意味(例:door handle)になります。「車のハンドル」の場合は英語でhandleという言葉を使いません。「車のハンドル」を英語では「steering wheel」になります。

                        border=0

また、女性のファッションでは、日本語で「ピアス」と言いますが、英語では「earrings」になります。英語でpierceという言葉は動詞で「突き刺す」という意味です。つまり、earringsをつける為に「穴を開ける」という意味です。他にもたくさんあります。

次の言葉は英語でどのように言ったらいいでしょうか。Homework(宿題)としてやってみて下さい。The deadline (締め切り)は来週までです。もちろん、解答は次回のブログで!

ジーパン
ボールペン
モーニングセット

                border=0

前へ

HIUC’s summer quarter has ended.

次へ

今週のイベントのご案内