海外留学豆知識その④

「返済義務のない奨学金って?」

日本の大学に進学する際に日本学生支援機構の

奨学金を利用する方は多いのではないでしょうか。

そのような日本の奨学金は海外大学でも利用

できますが、返済義務があり卒業後に返済する

場合は上限3%程度の利子も払う必要があります。

Mh9004337201

海外の大学には返済義務のない給付型の奨学金が

あるのはご存じでしょうか。

特にアメリカの大学では数多くの奨学金が用意

されており、肌の色や人種、国籍など関係なく

基準をクリアすれば獲得できる奨学金があります。

例えば、

TOEFL®550点以上で$3000

「在学中にGPA3.02学期連続で続ければ$2000

「クラブ活動に参加すると$500

「学部で首席を取ると次学期の学費が免除」など

多種多様な項目があり、もらえる金額も様々です。

ただ、日本の大学との大きな違いが

すべて給付型であり返済義務がないということです。

組み合わせて獲得できるものもあれば、単体で獲得

できるものもありますが、もともとの学費や生活費から

奨学金を獲得することで支払う費用を減らすことが出来ます。

Mh9003115121

また、寮生活をする際でメンバーのサポートを行う

「レジデントアシスタント」になると、行っている間の

生活費や食費が一部免除になる制度などもあるため、

情報収集をしてお得に留学をしても良いかもしれませんね。

「海外大学の奨学金に関して聞ける説明会はコチラ」

「海外留学豆知識その①(海外での受験や入試)はコチラ」

「海外留学豆知識その②(海外での生活方法)はコチラ」

「海外留学豆知識その③(海外で学べる専攻)はコチラ」

前へ

夏学期カウンセリング

次へ

Josh's Classes at HIUC Osaka Campus