海外留学Q&A

こんにちは!
留学カウンセラーの今成です。

今日は海外大学についてよく聞かれる質問について私のアメリカでの経験をもとにお答えしようと思います!


☆海外大学に入学するにはどうすればいいのですか?
海外大学は日本の大学のような入学試験やセンター試験といったものはありません。

TOEFL®
テストという英語のテストのスコアと高校のGPA(評定平均値)で入学できる大学を選びます。TOEFL®テストは1回だけの勝負ではなく、日本で何度も挑戦することが出来、その中で一番良いスコアを申請することが出来ます。

大学によっては(特に芸術系)、自分の作品を提出しなくてはならない場合もありますが、基本的には、TOEFL®テストのスコアと高校のGPA(評定平均値)が必要です。
Mh9004225901
☆英語力が心配です・・・
もちろん英語での授業になりますし、生活も英語なので英語力は必要です。

私自身のことですが、高校を卒業するまでに海外留学経験もなく、通っていた高校も進学校でもなく(もちろん国際科や英語科もありませんでした)、未だに英検も受けたこともありません・・・

そんな私でしたが、海外大学進学の準備期間で海外において生活するために必要な英語力と、卒業するために必要なカレッジスキル(学習技術)を身につけることによって、無事に海外大学を卒業することができました。

準備期間で学んだ英語は、今までの勉強方法とは違い、「活きた英語」を勉強している感覚で、毎日毎日が大変で、今までの人生で一番勉強した時期でしたが、とても楽しかったのを覚えています。

HIUCの学生も海外で必要な英語力、そしてカレッジスキルを身につけています。
Mh9004221121
☆治安面が不安です・・・
日本にいても、ルールを守らなければ危険な目にも合います。

それは海外でも同じことで、その国を知り、ルールを守り、自分の行動に責任を持つことが何よりも大切です。

自分は何のために海外にいるのか、学生として何をするべきなのかを理解し、日々生活してゆけば、海外だからといって日本より危険ということはないと思います。

☆留学先で病気にかかったらどうしたらいいですか?
短期の旅行や留学とは違い、長い海外大学の生活の中では体調を崩すこともあります。
そんなときは、Student Health Center(学生用クリニック)を活用できます。

私の通っていた学校では、1回$5.00で歯の治療や、血液検査を受けることが出来たり、風邪を引いた時は薬も処方してもらえました。
だいたいはアメリカの大学のキャンパス内にありますので、安心して留学生活を送れます。
Mh9004100811

☆奨学金は使えますか?
海外の大学では、日本学生支援機構(旧日本育英会)による「海外留学生のため奨学金(第二種奨学金)」を海外での学費、寮費、食費などに使用できます。 

あとは、各大学で支給される奨学金があります。
海外で支給される奨学金は、返済義務のないものが多いです!

主な対象者は、成績優秀者☆☆☆
学業以外では、ボランティア・クラブ活動などを通して支給される奨学金まで種類も様々です。

知識は決して盗まれない上に、頑張ったら頑張った分ご褒美をもらえるシステムは、私をカナリやる気にさせてくれましたし、しっかり卒業まで奨学金をもらえることができました♪

☆アルバイトはできますか?
アメリカの場合、カナダやオーストラリア、イギリスと違って、アルバイトは出来ません・・・
しかし!
キャンパス内は許可されています!!!
20時間以内で、州や年度によって違いはありますが、時給$6.25~$8.00くらいが相場です。

私自身、週5日、1日4時間でアルバイトしていました。
バイト先のボスにすごく恵まれ、毎日デザート付で夕食を作ってくれたり、同じバイト仲間とピザPARTYを開いてくれたり、友達の輪も広がりました!!
Mh9004276831
もちろん、成績が落ちては意味がないので、生活や学校に慣れるまでは、まずは勉強第一!
だんだん色々なことに慣れてきたときに始めてみるのもいいかもしれませんね。


海外大学については、なかなか分からないことも多いと思います。
分からないから不安、そして遠い進路だと思っていませんか?
でも大切なことは、諦める前に正しい情報収集をすることだと思います。

HICUでは、一人一人の進路について個別相談会を開いているので、気軽に相談してくださいね☆

前へ

We have just begun a new school year at HIUC.

次へ

今週の留学説明会のご案内